景品表示法に基づきアフィリエイト広告を利用しています。

おねしょ布団は干すだけでは臭くなる!清潔にする対処法とは?!

おねしょ布団 干すだけ 布団
スポンサーリンク
スポンサーリンク

子どもが小さいうちは、おねしょで布団が汚れることってありますね。

忙しいママは濡れてしまった布団をどうしようか途方に暮れるでしょう。

とりあえずおねしょ布団を干すとしても、シミや臭いが残るのは困りますね。

ここでは、おねしょ布団を干すときの注意点や、布団を洗う方法、それに布団を汚さない方法もご紹介します。

スポンサーリンク

おねしょ布団干すだけで大丈夫?

おねしょ布団は干すだけではシミや臭いが残ります

お天気が良ければ、4~5時間干せばほとんど水分を乾かすことができます。

しかし、おねしょ布団を干しただけだと、おしっこのシミや臭いを取ることはできません。

何度も干すだけ、を繰り返すと、布団はシミだらけとなり、後でクリーニングに出しても容易にきれいにならないのです。

スポンサーリンク

おねしょ布団干すだけで洗わないとどうなる?

おねしょ布団を洗わないで、干すだけだとおしっこの成分が布団にしみ込んでしまいます

また次のような困った問題も起こります。

臭いは取れる?

布団を洗わないと、おしっこの成分であるアンモニア臭は水分が蒸発しますが残ります

布団を干しただけでは、かえって濃度の濃くなったアンモニアがツンと鼻を突くようになることもあるのです。

臭いってストレスー!

 

シミは取れる?

布団を洗わないままなら、当然シミも取れません

シーツをかけて分からないようにすることはできますが、可愛い赤ちゃんをシミだらけの布団に寝かせるのはやはり気持ちの良いものではありませんね。

スポンサーリンク

おねしょ布団干すだけの注意点!

おねしょ布団を干すだけにしても、おしっこのシミや臭いをできるだけなくすために応急処置をしてから干しましょう。

家で出来ることはつぎのようなことがあります。

  • おしっこの水分を吸い取る
  • ぬるま湯で部分洗いをする
  • クエン酸スプレーで臭いを取る

おしっこの水分を吸い取る

おしっこがかなりたくさんついてしまった場合には、布団はしっかりと水気を含んでしまいます。

まずは身近にあるものを使って水分を吸い取る必要があります。

古いタオルやシーツなどがあれば、押し当ててできるだけ水分を取り除きましょう。

紙おむつは吸湿性があるので、これを押し当てて水気を取ることができるだけでなく、後処理が簡単なのいいですね。

ぬるま湯で部分洗いをする

布団のぬれた部分を中心に40度ぐらいのぬるま湯をかけて部分洗いをするとある程度汚れを落とし、臭いも落とすことができます。

クエン酸スプレーをかける

アンモニアはアルカリ性ですから、酸性のクエン酸をかけると中和させることができます

クエン酸は掃除道具として100均にも売っていますが、これを小さじ1に水を200㏄の割合で混ぜてスプレー容器に入れておくと便利です。

このスプレーを布団の汚れた部分に掛ければ消臭効果があります。

スポンサーリンク

おねしょ布団が干せない時

お天気が悪かったり、ママが仕事で留守がちだったりする場合は外に干すことができませんね。

そのような場合は天日干しの時と同じ下処理をしてから、部屋の中の比較的乾燥した場所に干しましょう。

濡れた個所が極小さい時には、ヘアドライヤーで乾かしてもいいですね。

布団乾燥機をかけるのも有効です。

部屋干ししてある程度水分が抜けてから念入りに布団乾燥機をかけるとより効果的です。

カビが生えたり、細菌が繁殖するのを防ぐためにも、生乾きの状態が長く続かないようにすることが重要です。

スポンサーリンク

おねしょ布団のにおいを取る方法!

おねしょ布団は干しても匂いが残ります!

干せずにそのままだともっと悲惨な臭いになります!

おねしょ布団のにおいを取る方法は洗うしかありません!

でも自分で布団を洗うってかなり面倒で、想像しただけでどうやるのかわかりませんよね。

詳しくご紹介します!

スポンサーリンク

おねしょ布団の洗い方

おねしょ布団は干すだけではなく、できれば洗ってきれいにしたいですね。

それにはいくつかやり方があります。

  • 自分で洗う
  • コインランドリーを使う
  • 業者に頼む

自分で洗う方法

自宅で布団を洗うことはできますが、かなり大変です!

まず、乾くのにとても時間がかかるのでお天気の良い日がお勧めです。

手順

  1. 洗える布団か表示を確認する。
  2. 浴室でぬるま湯をバスタブに用意する。
  3. 専用の洗剤で汚れた部分をつまみ洗いする。
  4. 何度かお湯を替えてすすぐ
  5. 水分を絞る
  6. 水分をバスタオルなどでたたいて吸い取る
  7. 干す(できれば天日干しが早い)

布団の洗濯表示を見て、洗える布団の場合は、自宅のバスタブにぬるま湯に専用の洗剤を入れて洗うことがでます。

布団を洗うには専用の洗剤がお勧めです。

専門業者に頼むより洗剤の費用だけで済みます。

コインランドリー

最近は一般のコインランドリーでは洗えない布団も扱っている布団専用のコインランドリーもあります。

布団をコインランドリーで洗う場合にはいくつも注意点があるのでこちらでご紹介しています!

設備の整った清潔なコインランドリーを探して、布団を持って行くならば比較的安価(1000~2000円)で敷き布団の洗濯ができます。

自宅の布団の洗濯マークを確認し、コインランドリーが対応しているか調べてから洗濯しましょう。

もちろん持ち込む前にある程度おしっこがしみ込んだ部分の下処理は必要です。

大勢の人が使うコインランドリーですから、規則を守って気持ち良く使うことを心掛けたいですね。

専門業者

布団を自宅で洗うのが無理ならば、専門業者に任せましょう。

持ち込むことができるならば、自分で布団をクリーニング店に運んで洗ってもらいます。

料金は敷布団1枚で7000円程度です。

持って行くのが無理ならば、宅配クリーニングを頼んで取りに来てもらいましょう。

料金は敷布団1枚で8700円程度です。



料金はかかりますが、とてもきれいになりダニ加工なども頼めるのて、布団をきれいにしておきたい人にはとても良いですね。

スポンサーリンク

おねしょ布団を自分で洗う方法!

まず布団の洗濯表示を見て、洗えることを確認してください

バスタブにぬるま湯を入れ、ウールやオシャレ着用の洗剤を入れて布団を浸します。

できれば30分ぐらい浸け置きすると効果的です。

まんべんなく踏み洗いをして汚れを出させます。

ぬるま湯を抜いて、新しいぬるま湯で1~2回すすいでください。

バスタブのふちに掛けて水切りをしてから外に干します。

完全に乾くには3~7日ぐらいかかりますが、かなりきれいになります。

スポンサーリンク

おねしょで布団を汚さない方法!

おねしょ布団を洗うのはかなり大変です。

できれば布団を汚さないようにするのが一番ですが、それには次のような方法があります。

  • 防水シーツを敷く
  • おねしょズボンやおねしょケットをはかせる
  • 夕食後はできるだけ水分を控える
  • 寝る前に必ずトイレに行かせる
  • 体を冷やさない工夫をする

防水シーツを敷く

防水シーツは効果的です。

布団の上に敷いておけば、シーツと防水シーツがおしっこを吸い取って、布団まではしみ込まないようになっています。

できるだけ、ソフトな肌触りで、洗濯や乾燥もできるタイプの防水シーツを2~3枚用意しておけば、おねしょのたびに慌てずに済みます。

おねしょズボンやおねしょケットをはかせる

子どもは夜中にもゴロゴロ動き回っています。

防水シーツのあるところにお行儀良く寝ていてはくれません。

そこでこのはくタイプのおねしょズボンやおねしょケットを身に付けさせておけば、おねしょをしてしまっても、ズボンやケットがきっちり吸い取ってくれるので布団を汚すことなく安心です。

夕食後は水分を控える

おねしょしやすい子どもの場合は、寝る前に水をがぶ飲みするようなことがないように気を付けてあげましょう。

早めに水分を取ったら寝る前は飲まないようにすると、一晩中おしっこをしないで済むことが多くなります。

寝る前に必ずトイレに行かせる

子どもたちが遊びに夢中になってそのまま寝込んでしまうと、おねしょの確立が高くなります。

パパママは気を付けて「トイレへ行こうね。」と声をかけてあげたいですね。

体を冷やさない工夫をする

寒いとトイレが近くなりますね。

子どもたちがお風呂に入って体を温めたら、冷えないうちに布団に入るのが理想的です。

暑い時期にはエアコンをかけますが、冷やし過ぎない温度に設定しておきましょう。

スポンサーリンク

おねしょ布団干すだけまとめ

おねしょ布団は干すだけではシミや臭いは取れません。

水分を吸い取り、汚れを部分洗いし、充分に乾かす必要があります。

自分で洗う方法もありますが、コインランドリーを使う、または業者に頼んじゃったらラクチンに清潔になります!

おねしょ布団は適切に処理して、子どもたちが清潔な布団でぐっすり眠ることができるるようにしたいものですよね!

コメント