景品表示法に基づきアフィリエイト広告を利用しています。

布団洗う頻度は一人暮らしはどのくらい?臭ってませんかダニも心配!

布団洗う頻度 一人暮らし 生活用品

一人暮らしをされている方は、布団を洗う頻度はどれくらいでしょうか。

布団を洗いたいけど..、イマイチ洗い方が分からないという方も多いです。

しかし、あるポイントを押さえるだけで、実は布団は意外と簡単に洗うことができるんです。

今回この記事では、一人暮らしってどのくらいの頻度で布団を洗ってるの?

布団の洗うオススメの頻度や洗う際のポイントを紹介します。

これを見て、清潔な睡眠環境を手に入れましょう。

布団洗う頻度はひとり暮らしではどのくらい?

厚生労働省のガイドラインによると、布団は1年に1回〜2回を目処に洗うことを推奨されています。

あるデータによりますと、一人暮らしで布団を洗う頻度の調査の結果はこうなっています。

布団 洗う頻度 一人暮らし

1週間に一度布団を洗うってアレルギーなのでしょうか?かなりマメだと思います!

布団を洗う必要性は、臭いやダニやアレルゲンの蓄積を防ぐためであり、また清潔な睡眠環境を維持するためと言われています。

特に夏場は寝ている時も大量の汗をかいています、可能な限り定期的に洗うことをオススメします。

夏の布団から冬の布団の衣替えの時にタイミングで洗うといいですよ。

シーツや枕カバーを洗う頻度

シーツや枕カバーも頻繁に洗ったほうが気持ちがいいですよね。

特に枕カバーはすぐに臭うので1週間に1度は洗いたいです。

シーツと布団カバーは2週間に一度が理想です。

ある調査で布団カバーの平均的な洗濯頻度を尋ねたところ、「週に1回」「1ヶ月に1回」という回答が最も多く、およそ8割の人が月に1回以上はカバーを洗濯しているという結果でした。

人間は就寝中に結構な量の汗をかいています。

コップ一杯も汗かいているんだって!

洗濯をしないで使い続けるとダニやカビ、臭いの元となります。

せっかくお風呂に入っても臭う布団で寝るとあなたも臭います。

自分の臭いってわからないので是非気をつけたいです。

シーツも布団カバーも洗うの面倒な場合

シーツや布団カバーを洗うのが面倒な理由は、布団からの取り外しですよね。

取り外してまた取り付けるのって、結構面倒です。

そんな場合は簡単に漬けられる布団カバーがあるので是非使ってみてください。

3分とかからず布団カバーをつけることができるんです!

手を入れて一瞬で布団カバーつけることができますよ。

シーツも簡単につける商品があります。

シーツって面倒ですが、こちらはよく伸びるので一人でのシーツ交換もラクチンです。

ベットにも布団にも使えるのでとても便利でおすすめです。

こんなに簡単なら頻繁に洗濯するのもラクチン!

布団を洗わないとどうなる?

「一人暮らしだし布団洗うの面倒だし」と思っていませんか?

毎日使っている布団を洗わないでいると、大量のダニが繁殖したりカビが発生する原因になります。

人はコップ1杯分の汗を毎晩かいていると言われています。

この汗を布団が吸収することで、布団の中は湿気が高い状態になります。

さらには、睡眠中に髪の毛や垢・皮脂が落ち、ダニの餌になります。

しかも臭いそう

いわゆる、とても不衛生な状態の布団に寝ていることになります。

1人暮らしでも布団は洗ったほうがいいですよね!

自宅での布団の洗い方

自宅で布団を洗う方法は大きく分けて、2パターンあります。

洗濯機を使う

洗濯機を使用する際は、布団専用のコースがあればそれを利用します。

もし、布団のコースがない場合は大物洗いや手洗いコースを選択します。

  1. 洗濯機に水を張って洗剤を入れる
  2. 布団を縦に丸めて、ネットに入れる(空気を事前に抜くか、縛っておく)
  3. 脱水後、物干し竿2本で跨ぐように干す(※ダニやカビを防ぐため、十分に乾かしましょう)

お風呂場で踏み洗いする

お風呂での踏み洗いは、適量の洗剤を用いて布団をまんべんなく洗う方法です​​​​​​。

  1. シャワーで表面の汚れを落とす。
  2. 浴槽に半分くらい湯をはり、洗剤を入れる。
  3. 布団全体を足で軽く踏んで洗う(※強く踏むと布団が痛みます)
  4. 真水で踏み洗いをして、すすぎをする
  5. 浴槽に布団を1時間程度かけて、脱水する
  6. 脱水後、物干し竿2本で跨ぐように干す

布団の干し方と管理

洗った布団を干す際は、水分を十分に切り、風通しの良い場所で干すことが重要です。

水分が残ったままだと、カビやダニの繁殖につながります。

また、布団の中身がずれないように、キルティング加工が施されているかを確認することも大切です。

この加工がない場合は、洗濯時に布団を丸めたり畳んだりして洗うことをオススメします。

適切な方法で洗濯し、管理することで、布団の寿命を延ばし、より良い睡眠を得ることができます。

布団の洗濯は、その大きさと特殊な素材のため、自宅での対応が難しい場合が多いです。

そのため、専門業者に依頼することをオススメします。

コインランドリーとクリーニングサービス

ご自宅でどうしても洗えない場合や、洗う時間がない場合はコインランドリーや専門業者を利用するのが絶対おすすめです。

というか、忙しいのに布団洗う時間ってなかなかありませんよね。

コインランドリーがラクチン!

コインランドリーは、自宅で洗うよりも手間が減ることがメリットです。

しかし、布団をコインランドリーまで運ばないといけない点や料金がかかる点がデメリットです、

料金は平均1000円〜1500円程度で洗うことができます。

しかし、敷布団が入る機械は置いてあるところは少ないようです。

敷布団を洗いたい場合は専門業者に任せましょう。

また、コインランドリーに布団を持って行く前に、洗える布団・洗えない布団があることに注意しましょう。

  • 洗濯・乾燥不可の表示がある布団
  • 羊毛布団
  • キルティング加工されていない布団
  • 真綿布団

これらの布団はコインランドリーで洗えない可能性があります。

知らずに洗ってしまうと、型崩れや劣化の原因になるので気をつけましょう。

コインランドリーに持って行く際や次回布団を買い替える際は、布団の表示を見ることをオススメします。

クリーニングサービスで敷布団を洗う!

敷布団が入る機械はコインランドリーに置いてあるところは少ないようです。

掛け布団よりも敷き布団のほうが汚れやすく、洗いたい場合は手っ取り早く専門業者に任せるしかありません。

専門のクリーニングサービスでは、布団に合わせた洗浄方法で、アレルゲンやダニを効果的に除去することができます​​​​。

特におすすめのふとん丸洗いのフレスコ

  • 宅急便で取りに来てもらえ2週間で出来上がる
  • 布団が無い場合は借りられる
  • 羽毛布団も敷布団も洗える

一度に複数の布団を洗ってもらえる点と、自宅まで布団を回収しに来てくれるのは大変ありがたい
です!

羽毛布団も洗ってもらえるので買うよりはるかにお得です!

また保証もあるため、万が一布団が型崩れしていた場合や傷ついていた場合は、保証してもらえます。

専門業者に依頼するメリット

  1. 品質の保証: 専門業者は布団の素材や構造を理解しており、最適な洗浄方法で洗ってくれます。これにより、布団の品質を損なうことなく、清潔な状態に戻すことができます。
  2. 時間と労力の節約: 布団を運び、洗濯し、乾燥させるまでの時間と労力が節約できます。    専門業者に依頼すれば、これらの手間を省くことができます。
  3. 専門的な加工: ダニ防止加工や抗菌加工など、専門業者は特殊な加工を施すことができます。 これにより、布団をより衛生的に保つことが可能になります。
  4. 布団の寿命の延長: プロの洗濯方法により、布団の寿命を延ばすことができます。      専門業者は布団を傷めることなく、適切に洗濯してくれます。

専門業者に依頼しないデメリット

  1. 洗浄品質の低下: 自宅での洗濯は、布団の大きさや特殊な素材に適した方法ではないため、汚れが落ちていなかったりする可能性があります。
  2. 布団の損傷リスク: 適切な洗濯機や知識がない場合、布団を痛めてしまうリスクがあります。これにより、布団の寿命が短くなる可能性があります。
  3. 手間と時間の増加: 自宅での洗濯は、運搬、洗濯、乾燥といった一連の作業が必要となり、手間と時間がかかります。
  4. 専門的な加工の不可: 自宅での洗濯では、ダニ防止や抗菌などの専門的な加工はできません。 これにより、綺麗に洗えても、衛生面での不安が残ることがあります。

以上の点から、布団の洗濯は専門業者に依頼することが推奨されます。

専門業者を利用することで、快適で清潔な睡眠環境を維持することができます。

時間がない方には、専門業者がオススメです!

布団カバーを洗わないとどうなる?

布団カバーやシーツも日々汚れていきます。

布団だけでなく、布団カバーやシーツも洗うことも大切です。

布団カバーやシーツは布団よりも汚れやすく、1週間に1回は洗濯することがオススメです。

このまま洗濯せずに放置すると、どうなってしまうのか、ご紹介します。

健康への影響

  1. アレルゲンの蓄積: 毎晩利用している布団カバーには、ダニやホコリ、花粉などのアレルゲンがシーツやカバーに蓄積されます。                           そうなることで、アレルギー反応を引き起こすことがあります。              特に喘息やアレルギー性鼻炎の方にとって症状が出たり、ひどくなる可能性があります。
  2. 細菌やカビの増殖: 汗や皮脂は細菌の温床になります。                  このまま長期間放置してしまうと、カビの発生や悪臭の原因になることがあります。
  3. 皮膚トラブル: 汚れた寝具は皮膚炎やニキビなどの肌トラブルの原因になります。      特に敏感肌の人は、清潔な布団で寝ることを推奨します。

快適性の低下

  1. 不快な臭い: 布団やカバーについた皮脂や汗は悪臭の原因になります。              不快な匂いは、睡眠を妨げる原因になってしまいます。
  2. 肌触りの悪化: 汗や汚れがシーツやカバーにこびりつくと、肌触りが悪くなり、これも睡眠を妨げる原因になります。

寝具の寿命の短縮

汚れが蓄積されると、シーツやカバーの劣化に繋がります。                  劣化することで寝具の寿命が短くなります。                         定期的に洗濯をし、寝具を長持ちさせましょう。

布団のシーツや布団カバーを定期的に洗濯しないと、健康リスクや快適性の低下・寝具の劣化を起こしてしまいます。

布団は頻繁に洗えないので、シーツや布団カバーはしっかり洗って清潔にしていたいものです。

【簡単!】布団を洗うのは面倒な場合!

布団を洗うのははっきり言って面倒です!

かといって専門業者やコインランドリーに持って行くのも面倒。

そんな時に3つの方法があります。

  • 新品の布団を購入
  • 布団乾燥機を使用
  • ダニ予防の布団カバーが簡単!

安い新品を買う

そういう人は新しい布団を買ってしまいましょう。

しまむらでは布団セットが格安なのにセールになるともっとお得に手に入れることができます。

洗いたいけど頻繁には洗えないし、自分で洗うの面倒だし、なるべく節約したい!

しまむらの布団セットのセールははいつなのか詳しくご紹介していますので是非参考にしてくださ

い。

洗わずに布団乾燥機でダニ退治!

布団を洗わないと心配なのがダニです。

洗えないならまずダニの退治だけでもしませんか。

手っ取り早く気持ちよく退治できるのはふとん乾燥機です。

布団を買うより安いし、古い布団を処分する手間も無し!

布団を洗ったり処分したり面倒!と思う人には是非お勧めします。

布団カバーでダニ予防

最近はダニを予防してくれる布団カバーがあるんです。

これさえ使えばダニの発生はグンと減るのは実証されているので安心です。

かゆみから解放されてゆっくり眠れると評判です。

ダニ予防の効き目は5年間もあるので、手っ取り早くていいですね!

布団を洗ったり買い替えの処分もしなくていいし一番簡単ね

まとめ

今回は一人暮らしの布団の洗う頻度について、紹介しました。

  • 1週間に1回か、気が付いたときに洗う人が4割
  • 布団を放置すると、臭うし健康被害や布団の劣化につながる
  • 洗わなくても清潔にするには布団乾燥機やダニ予防カバーがおすすめ

一人暮らしでの布団洗う頻度とその方法についてお伝えしました。

快適な睡眠と健康を保つために、布団を清潔に保つことが重要です。

この記事を参考にして、一人暮らしの布団ケアを効果的に行っていただければと思います。

清潔で快適な睡眠環境を維持しましょう。

コメント