景品表示法に基づきアフィリエイト広告を利用しています。

布団乾燥機はめんどくさい?3台使ってみた感想と一番おススメなのは?

布団乾燥機 めんどくさい 布団

梅雨の時期など布団が乾かなくて困ったときに、「布団乾燥機があったらな…」と思ったことはありませんか?

しかし購入するために調べてみるとネット上に「布団乾燥機はめんどくさい」という文字が。

実際私はこれまで3種類の布団乾燥機を使ってきました!

どうして3台も買ったのか?と、布団乾燥機はめんどくさいのかどうか本音をお伝えします。

布団乾燥機はめんどくさい?

布団乾燥機はタイプによってはめんどくさく感じるものがあります。

現在販売されている布団乾燥機の種類は主にマットありタイプとマットなしタイプです。

それでは布団乾燥機はそれぞれ、どのような使い方をするのでしょうか?

マットタイプを使ったことがありますが、畳んで収納がとても面倒でした

マットありタイプの使い方

マットありタイプの場合、まず敷布団の上に布団乾燥機のマットを敷きます。

布団を包み込むタイプもあります。

次に温風が出るホースとマットをしっかりと繋げます。

私が使っていたタイプはここのつなぎ目がマジックテープだったので、外れないようにしっかり留めるのがコツが必要でした。

ホースのセットができたら、掛布団をかけ、運転モードを選択し、スタートボタンを押してください。

乾燥が完了したらマットを取り出し、畳んで収納します。

マットなしタイプの使い方

マットなしタイプの場合、敷布団の上に温風が出るホースを置き、その上から掛布団をかけます。

布団乾燥機の運転モードを選択してスタートボタンを押します。

乾燥が完了したら、ホースを取り出し、収納します。

マットありに比べ、マットの出し入れがない分とてもお手軽です。

ホースの収納もホースが蛇腹になっているので簡単にできます。

布団乾燥機を使った感想

布団乾燥機を使った感想ですが、そりゃあもう手放せませんよ。

天日干しの気持ちよさを知っている身ですが、仕事柄布団干しなんて無理です。

手軽で時間を選ばず使える布団乾燥機、冬は暖房効果もあり、梅雨時はダニ退治もしてくれて、家電では必須と思っています!

世間の感想もいいコメントばかりです。

少し乾かしたい時や布団が干せない時にセットしとけば快適に寝れます!
暖かいお布団に温められてダニ予防もできて◎
今の季節足が冷えて、冷たくなっているのですが、足湯をしたかのようにポカポカの足になり、気持ちよく眠りについています
布団がカラッと天日干ししたようになって気持ちがいいです。
太陽にあてたいから、布団乾燥機を使いたいに変わりました。

布団乾燥機をかけると、ダニの予防になりますし、温かくてフカフカな布団で眠れる点などがとても魅力的ですね。

私以外の人も大満足している感想ばかりですね

天日干し大好きですが、天日干しってこれだけデメリットが…

大きくて重い布団をベランダに運ぶ手間
天気を選ぶ
布団をしまう時間を気にして出かける予定を調整
家族の分を干すのはとても大変
布団を移動するとホコリが気になる
ベランダの掃除が面倒
仕事の休みの日しか干せないので休みがつぶれる
梅雨や雪の季節はずっと干せない
ベランダの日当たりが悪いと乾かない

布団乾燥機でこれらがすべて解消されました!

一部、布団乾燥機は身体に悪い?との情報もあったので詳しく知りたい人はチェックしてみてください。

では、いい口コミが多いのにも関わらず、布団乾燥機がめんどくさいと言われてしまう理由はなんでしょうか?

布団乾燥機はめんどくさい理由

布団乾燥機がめんどくさい理由は、マットありタイプを使った時の準備と片付けです。

以下のような作業をしなくてはなりません。

  1. 掛け布団をとる
  2. 敷き布団の上にマットを広げる
  3. 掛け布団をかけてスイッチオン
  4. 終了後に掛け布団をとる
  5. マットを取って畳む
  6. 掛け布団を戻す

マットが思ったより大きので、畳んでしまうのがとても面倒でした!

ただこれは「マットあり」の布団乾燥機がめんどくさいというだけで、マットなしの布団乾燥機だと全くそんなことはありません。

これまで3台布団乾燥機を使ってきました。

2台のマット使用の布団乾燥機を使っていたのですが、これはお勧めできません。

実際めんどくさかった!

3台使っていたうちの2台はマット使用のタイプでした。

初代は大きな袋状のマットで布団を包みました。

想像の通り、めんどくさいのなんのって、袋は大きいしいちいち出し入れしなきゃならないし。

せっかく買ったので頑張って使いましたが、間もなく使わなくなりました。

めんどくさいと結局使わなくなるんだよね

2台目は布団を包んでいた1代目からするとマットを挟むだけなのでとっても便利!と思いました。

しかし、袋が大きくて畳むのが面倒、畳んだ後の収納が面倒、とこれまた使わなくなりました。

2台失敗しているので、3代目を買うのは控えていましたが、アイリスオーヤマの布団乾燥機はお値段も手ごろで口コミがとってもいいので気になっていました。

しかも、ホースタイプになっていて袋が無いんだ…でも

家族にまた買ったの?と言われちゃうかも

仕事で天日干しができないので、3台目になるアイリスオーヤマの布団乾燥機をとうとう買ってしまいました。

3台目の布団乾燥機が大当たり!

しかし、これが大当たり!

アイリスオーヤマのカラリエはホースを差し込むタイプです。

届いたときには布団乾燥機ってこんなに進化したんだ!こんなに手軽なんだ!と開発者に感謝したいほどの便利な使い心地でした!

本体が軽い
本体がコンパクトで場所を取らない
ホースは短めで蛇腹状なので収納が簡単
ダニ退治モードも付いている
夏用に冷風モードもある!
値段が手ごろなのにしっかり乾燥できる!

3台目にしてやっとめんどくささから解放されました!

これこれ ⇓

布団乾燥機のメリット

私は布団乾燥機を3台も使ってきたので、使おうか迷っている人に布団乾燥機のメリットをご説明しますね。

布団乾燥機を使うと、以下のようなメリットがあります!

  • 室内で布団を乾燥させられる
  • ダニを防ぐことができる
  • 寒い冬に温かい布団で寝られる
  • 消臭やカビ対策になる

それぞれ詳しくご紹介します。

室内で布団を乾燥させられる

布団を干そうと思ったら、ベランダや外に持っていかなくてはなりません。

ベランダの掃除も必要です。

ベランダがあっても日当たりがいいとは限りませんよね。

日当たりが良くても家族が多ければ人数分の布団干しとなるので、更に負担が増しますね。

寝室からベランダが近いとも限りませんし、この大変な作業がなくなるだけでだいぶ楽になります。

また、花粉症や黄砂でで外に布団を干したくないという人もいるはずです。

そのような人にとって室内で布団を乾かせるのは嬉しいですよね。

ダニを防ぐことができる!

布団に1㎡あたり10万匹いると言われるダニ。

特に梅雨の時期、布団から起きると体がかゆいことありませんか?

娘は小さい頃、喘息だったので毎日掃除や布団干しが必要でした。

しかし、天気や仕事で布団干しは無理なので布団乾燥機を購入し、頑張って使いました。

喘息が無ければ、マットを使うタイプの布団乾燥機は使っていなかったと思います。

ダニを駆除するために布団乾燥機は有効です。

布団乾燥機にはダニ退治モードが付いているものがあり、しっかりダニを退治してくれます。

清潔な布団で眠ることができますね。

寒い冬に温かい布団で寝られる

布団乾燥機は60~70度くらいの温度で布団を温めます。

寝る少し前に10分から15分程度、布団を温めれば寒い冬でも気持ちよく眠ることができますよ。

私は冷え性なので暖かい布団で寝られてとても気持ちがいいです。

消臭やカビ対策になる

布団乾燥機を使うことで消臭やカビ対策になります。

臭いやカビの原因は布団に染み込んだ水分です。

これをしっかり乾燥させることで嫌な臭いやカビの発生を防ぐことができます。

梅雨でなかなか外に干せない時は本当に役立ちそうですね。

これらのメリットを見ると多少用意するのがめんどくさくても、布団乾燥機を使いたくなりますよね。

こう見ると布団乾燥機はとても優れていますが、メリットだけでなくデメリットは無いのでしょうか?

布団乾燥機のデメリット

布団乾燥機には以下のデメリットもあります。

  • 電気代がかかる
  • 稼働時に音が鳴る
  • 羽毛布団に使うとダメージがある場合も
  • 熱風で部屋が暑くなる

具体的に紹介します。

電気代がかかる

電気代は1回の乾燥で10円から20円くらいかかります。

1回当たりの金額は少ないですが、積み重なると確かに手痛い出費ですよね。

例えば週に2回、4人家族で使用すると週に120円(1回15円計算)で月に約500円になります。

年間だと6,000円くらいになるのでそれなりに大きな金額ですね。

電気代も年々高騰しているし時間がある人は天日干しもいいかも

稼働時に音がなる

布団乾燥機は稼働時にだいたい50~60dbの音がなります。

寝室のドアが閉められたり離れていれば全く問題ないレベルです。

しかし、部屋の中で50dbを超えると騒音と感じられる場合もあり、部屋の環境によっては注意が必要です。

子供が昼寝をしている時は使わない方がいいかもしれないですね。

羽毛布団に使うとダメージがある場合も

羽毛布団は高温にあてると傷んでしまう場合があります。

そもそも羽毛布団自体は吸湿・放湿性に優れているので、そんなに頻繁に布団乾燥機を使用しなくても大丈夫です。

でも使うと気持ちいいですよよ

使用する場合は低め温度で使いましょう。

熱風で部屋が暑くなる

布団乾燥機は温風を出すものなので、どうしても使っている部屋が暑くなります。

また布団から出た湿気が部屋に溜まりやすくなるので、換気をしたりエアコンを併用したりするのがおすすめです。

冬は全く感じませんが、暑い季節はドアや窓を開けて使うなどしたほうがいいと思います!

布団乾燥機マットあり・なしのメリット・デメリット

マットあり乾燥機のメリットは隅々まで温風が行き渡ること、マットなし乾燥機のメリットは手軽なこと。

もちろんこれら以外にもメリット、デメリットがあります。

マットあり、なしに分けて紹介します。

マットあり

メリットは、布団の隅々まで温かな空気が行き届きやすいことです。

枕元や足元までムラなく空気が行き渡ります。

そして何よりのデメリットは「めんどくさい」ということです。

先に紹介したようにマットの設置や収納に手間がかかります。

これが原因で「めんどくさいから布団乾燥機をやめた」となってしまう人もいます。

定期的に使うものなので、めんどくさいのは嫌ですよね。

マットなし

マットの扱いがない分、手間が大幅に軽減されます。

高頻度で使いたい、手軽さを重視したいという方にはこちらがおすすめです。

また、専用のアタッチメントを使うことで布団だけでなく衣類や靴の乾燥もできます。

デメリットは大きめの布団だと、布団の端々まで温度が行き渡りにくいことです。

もしかしたら布団の角の部分がしっかり温められてないという事にもなるかもしれません。

使う回数が多いものなので、手軽さを考えるとマットなしタイプが良さそうですね。

めんどくさくない布団乾燥機でおすすめなのは

めんどくさくない布団乾燥機で、おすすめの商品を2種類紹介します。めんどくさいと感じる理由がマットの準備・片付けなので、マットのないこれらの布団乾燥機はおすすめです。

特に象印のホースなしタイプ「スマートドライ」は使用も収納も手軽なので最高ですよ!

ホースタイプ:アイリスオーヤマ布団乾燥機「カラリエ」

アイリスオーヤマから出ている「カラリエ」は、ホースを敷布団と掛布団の間に入れ、スイッチを入れるだけで布団を乾燥させられます。

これ使っています!

重さが約1.8kgと持ち運びがしやすいです。

アタッチメントをつければ靴の乾燥も可能です。

靴の乾燥はまだ使ったことありませんが、布団の乾燥はこんなに手軽なのに感激する気持ちよさですよ!

お値段は9,000円~と、とてもお求めやすくなっています!

天日干し、という文字が私の中から消えました。

ホース無しタイプ:象印布団乾燥機「スマートドライ」

象印の布団乾燥機「スマートドライ」は、なんとマットもホースも不要です。

布団をパッと開いて、セットして、スイッチを入れるだけで布団乾燥ができてしまうのです!

お値段は13,000円~と、ホース無しタイプよりは少し高めですが、ホースがいらないというお手軽さを考えると、決して高いとは言えませんよね。

ただ、ホースが無くて風がどこまで広く伝わるか心配です

やはり、ホースタイプでしっかり温風が行き渡る方がいいと感じました!

布団を乾燥させるだけじゃない?布団乾燥機活用術

布団乾燥機はアタッチメントを使うことで衣類や靴の乾燥にも使えます。

例えば雨の日に子供が靴を濡らして帰ってきて困ったりしたことはありませんか?

布団乾燥機を使えば、そんな靴でもあっという間に乾かすことができます。

また衣類を乾燥する際はハンガーに吊るしたまま乾燥できるので、シワになりにくいというのが特徴です。

洗濯乾燥機がない家でもその代わりを務めてくれます。

その他に押し入れやクローゼットに風を送り、湿気の多い場所のカビ対策をすることもできますよ。

衣類の乾燥まで出来る!

布団乾燥機はめんどくさいか?まとめ

布団乾燥機は、決してめんどくさくありません。

「めんどくさい」と感じる一番の理由はマットの準備や収納です。

そこでアイリスオーヤマのホースタイプの布団乾燥機がおすすめです!

ホースの収納なんて一瞬!、めんどくさく感じることがありません。

マットタイプを使っていてめんどくさいと感じている人や、これから布団乾燥機を購入する予定の人におすすめです。

布団乾燥機はしっかり種類を選べば「布団乾燥機はめんどくさい」が「天日干しなんてめんどくさいから布団乾燥機♪」になりますよ。

コメント