羽生結弦引退理由!プロに転向し夢を叶える!

羽生結弦引退理由 スポーツ

フィギュアスケート界の王子、羽生結弦選手がとうとう引退というショックなニュースが!

オリンピックでは2回の金メダル、転んでも怪我をしても立ち上がる姿に勇気を貰った人は多いです。

引退と聞いてスケートを辞めてしまうのかと思いましたが、選手を引退してプロに転向という発表がありました。

引退理由と引退後の活動を調べました。

スポンサーリンク

羽生結弦が引退を発表!追いつめられていた?

ファンの間では以前から「引退しそう」とか「引退しないで」という意見もありました。

しかし、とうとう引退発表となってしまいました!

7月19日午後5時、フィギュアスケートの羽生結弦選手が競技から引退することを東京都内で記者会見で表明しました。

引退後はプロに転向してスケートを続け、目標である4回転半にも挑戦すると述べました。

浅田真央さんは引退時には「もうスケートはいいや」「引退後はスケート靴も捨てようと思ったほど心も体も限界を超えていた」

との発言がありました。

羽生結弦さんの引退理由は浅田真央さんのように追い詰められていたのでしょうか?

スポンサーリンク

羽生結弦の引退理由

引退の理由が気になります。

競技者としてのほかの選手と比べられ続けることはなくなりますが、自分を認めつつ、自分の弱さと、過去の自分をみつめつつ、4回転半ジャンプにも挑戦する

引退と言っても選手からの引退で、フィギュアスケートを引退するのではありません!

スケートを嫌いになったわけでもなく、アイスショーなどで再び華麗な演技に会えるのでファンは胸をなでおろしたでしょう。

「たくさんの人の応援のおかげで、ここまでこれました。フィギュアスケート選手として全うできるのが本当に幸せでした。プロのアスリートとしてスケートを続けることを決意しました」

スポンサーリンク

羽生結弦の引退後の活動は

羽生結弦さんは引退後はプロのアスリートとしてスケートを続けると言っています。

コーチになるのでは?というウワサもありましたが、コーチではなくアイスショーで活躍されるのでしょう。

選手が引退してプロになるというのはどういう違いがあるのでしょうか。

  • 選手:国際スケート連盟に選手登録し、大会に出場できる。
  • プロ:プロの組織や団体は無く、あくまで個人事業朱となり、大会には出場しない。

プロになると振付師になったりコーチになったり、解説者、選手育成、タレント活動など、活躍の幅は広いです。

しかし、羽生結弦さんは「プロのアスリートとしてスケートを続ける、4回転半は引き続き挑戦する」と言っていますので、氷上から離れないと予想できますね。

スポンサーリンク

羽生結弦の夢は

羽生結弦さんの夢は自身がアイスショーの座長になること

また、選手時代は大会に向けて練習に明け暮れていましたが、今後はスケート以外にも目を向ける時間ができるのではと思われます。

仙台出身ということもあり、以前から被災地支援の活動がしたい強い希望がありました。

僕には何ができるのか、問い続けて活動していきたい

スポンサーリンク

羽生結弦の復帰の可能性は

浅田真央さんは26歳、荒川静香さんは24歳で引退しました。

いっぽう高橋大輔さんは36歳でオリンピック後に引退しましたが、2018年にアイスダンスで現役に復帰しました。

一旦引退してからの復帰は珍しく話題となりましたね。

羽生 結弦さんは現在28歳。

今後復帰はあり得るかどうか気になります。

スポンサーリンク

まとめ

羽生結弦さんの選手引退後はアイスショーの座長になることと、被災地支援活動が主となるようです。

選手は引退しますが、プロとして華麗なアイスショーを作り上げる羽生結弦さんを応援でき、ファンは一安心です。

怪我の多かった選手時代でしたが、これからは夢を叶えてください!

お疲れさまでした。

スポーツ
スポンサーリンク
知ってスッキリ!