景品表示法に基づきアフィリエイト広告を利用しています。

髪の毛掃除めんどくさい!超簡単にきれいになる方法とグッズをご紹介!

髪の毛 掃除 めんどくさい めんどくさい
スポンサーリンク
スポンサーリンク

掃除をしてもまたすぐに落ちている髪の毛、めんどくさくてイヤになっちゃいます。

朝に夕にと1日に2回掃除をしても、「掃除したばかりなのにもう髪の毛が落ちてる!」と日々うんざりしますよね。

わが家は娘二人も髪が長いので、髪の毛の掃除率は高く悩んでいました。

しかし、場所別の楽な掃除方法や便利グッズを知ったら、髪の毛の掃除が面倒くさいストレスから解放されました!

是非ご紹介したいので参考にしてください。

スポンサーリンク

髪の毛の掃除がめんどくさい場所

 

髪の毛の掃除が特にめんどくさい場所はフローリング、畳、カーペット、洗面所、お風呂の排水口ですよね。

髪の毛の掃除がめんどくさいと感じるのはだいたい皆さん同じ場所なのではないでしょうか。

私は特にお風呂の排水口が髪の毛の掃除が汚いしめんどくさい!と感じていました。

カーペットも髪の毛を巻き込むので結構落ちていますよね。

でも床に落ちている髪の毛が一番目立つと感じます。

スポンサーリンク

お掃除ロボットは髪の毛掃除にお勧めできない!?

お掃除ロボットはスイッチ一つで掃除機をかけてくれるので掃除の強い味方です。

しかし、髪の毛は要注意です。

髪の毛がお掃除ロボットのブラシに絡まって、使うたびにブラシの掃除が必要です。

お掃除ロボットをお掃除するなんて、自分で床掃除したほうが早い…

とういことになります。

せっかく高いお掃除ロボットを購入しても後悔するだけなのでお勧めできません!

特に髪の毛の長い家族がいるご家庭はやめたほうがいいです!

スポンサーリンク

【最強】髪の毛掃除が一番楽な方法は

髪の毛掃除に最強で一番楽に出来てしまう方法はお掃除ロボットなんです!

上記でお掃除ロボットを反対しておいて矛盾していますよね。

お掃除ロボットは掃除機タイプと床を拭いてくれるタイプがあるんです。

掃除機タイプはお勧めできません。

床を拭いてくれるタイプのお掃除ロボットが最強なんです!

髪の毛だけでなくペットの毛も逃さず拭き取ってくれるんです。

私はもう4台目です。

2階と1階に1台ずつ置いています。

フローリングワイパーのウェットシートが使えるので、使う際にウェットシートをはめるだけです。

1枚で1階全体に使えます。

ただ、注意が必要なのは

  • 床になるべくモノを置かない:軽いものは動かしてしまう。
  • 掃除に時間がかかる:出かける時にスイッチを入れる
  • 子供がおもちゃにしがち:子供がいない時に使う
  • 厚めのカーペットは止まってしまう

これさえ気をつければ本当に便利です。

ロングヘアの娘が2人いる友人に勧めたら大喜びされました。

スポンサーリンク

髪の毛の掃除がラクラク!場所別と便利グッズ!

 

髪の毛の掃除のポイントは場所別に適したグッズを使うことです。

場所別に髪の毛の掃除がラクラクできる方法をご紹介します。

「髪の毛の掃除はめんどくさい」を解決する役に立つものばかりです。

フローリング

フローリングに落ちた髪の毛の掃除にはフローリングワイパーがおすすめです。

ウエットタイプのシートを使うと力を使わずに楽に髪の毛を取ることができます。

わが家では必需品となっています!

家計に余裕があれば拭き取り用のお掃除ロボットが最強です。

自分が気が付かない落ちている髪の毛も綺麗に拭き取ってくれるので、髪の毛が落ちているのを見る率が断然減ります!

急な来客でも慌てずきれいな部屋が保てるのはとても助かりますし、ストレスもありません。

スイッチ一つで家中お掃除してくれるので、髪の毛もペットの毛もすっきり綺麗になります。

畳に落ちた髪の毛は掃除機がおすすめです。

フローリングワイパーを使いたいところですが、畳は湿気を嫌うので使う場合は換気を良くしておきたいです。

カーペット

カーペットに落ちた髪の毛の掃除の方法は、粘着クリーナーとゴム手袋、輪ゴムがあります。

粘着クリーナーは粘着力が強いので髪の毛がキレイに取れます。

身近なもので簡単なのはゴム手袋と輪ゴムです。

カーペットは髪の毛が見つけにくいので掃除を怠りがちですが、掃除してみると髪の毛がたくさん落ちていてビックリします。

洗面所

洗面所にはティッシュペーパーとスティックタイプの掃除機がおすすめです。

洗面台はティッシュペーパーで簡単でお手軽に髪の毛が取れます。

床にはスティックタイプの掃除機が洗面所用に1台あると便利です。

わざわざ洗面所用に掃除機を買うなんてお金がもったいない!と考えてしまいそうですよね。

ご安心ください、私は3,000円台で買ったスティックタイプの掃除機を使っていますが、十分に髪の毛を吸い取ってくれていますよ。

洗面所でドライヤーを使う場合は床に髪の毛が落ちます。

それをスティックタイプの掃除機でサッと吸い取っておけば、ほかの部屋に髪の毛が散らばる心配もなくておすすめです。

お風呂の排水口

お風呂の排水口には排水口シールがお手軽です。

排水口に貼って髪の毛が溜まったら剥がして新しいものを貼ります。

ホームセンターなどで簡単に手に入るのが嬉しいですね!

排水口はそのままでは掃除するのは抵抗があったのですが、シールにしたら簡単でもっと早くから使っていればよかったと後悔しました!

スポンサーリンク

髪の毛の掃除グッズ7選

髪の毛掃除めんどくさい

時間と手間をおさえて簡単にできる髪の毛の掃除グッズ7選を紹介します。 

掃除する場所に適したものを使うことで、楽に掃除ができますよ。

フローリングワイパー

フローリングと畳に落ちた髪の毛の掃除にはフローリングワイパーを使いましょう。

フローリング、畳、両方ともフローリングワイパーでウェットタイプのシートを使います。

【エントリーで全商品P5倍】伸縮フローリングワイパー (ラクッカ) ニトリ 【玄関先迄納品】

ウェットタイプのシートなら最小限の力で手軽に髪の毛を取ることができます。

フローリングワイパーは電話をしながらの、ながら掃除もできるほど楽々です。

畳にフローリングワイパーを使うときは畳の目の方向に沿って動かすと髪の毛は取れやすいです。

ゴム手袋

カーペットに落ちた髪の毛はゴム手袋が便利です!

ゴム手袋をはめてカーペットをなでると摩擦で落ちている髪の毛を取ることができます。

面白いようによく取れるので、遊び感覚で楽しかったりします。

力を使わずに掃除ができるのでラクラクです。

お子さんを誘うと面白がってお手伝いをしてくれますよ。

輪ゴム

効率が良いとは言えませんが輪ゴムでもカーペットに落ちた髪の毛は取れます。

輪ゴムで髪の毛を取る手順は、手かラップの芯などに輪ゴムを巻きつけてカーペットを撫でるだけです。

私も試しに手に輪ゴムを付けてカーペットを撫でてみたのですが、結果は気持ち良いほどごっそり取れる、ということはありませんでした。

取れるのですが威力が弱いです。

ごっそり髪の毛を取るには何回も手を動かさなくてはいけないので、時間もかかるし効率が悪いと感じました。

粘着クリーナー

粘着クリーナーは粘着力が強いのでカーペットの上をコロコロと転がすだけで落ちた髪の毛をしっかり取ることができます。

コロコロと転がし終わった粘着テープにはごっそりと髪の毛が付いています。

しかし何回コロコロをやっても、いくらでも髪の毛って取れちゃうんですよね。

不思議だなと思いながらも、綺麗になる快感を感じながらコロコロしています。

私はコロコロに付いた髪の毛を見ると「今日もよくやった!」と達成感が得られます。

ティッシュペーパー

髪の毛をとかした後やドライヤーを使った後に落ちた髪の毛にはティッシュペーパーが便利です。

髪の毛は床ではなく洗面台に落とすようにドライヤーを使っています。

ティッシュペーパーなら大きな掃除道具を出す手間をかけずに、楽して簡単に髪の毛を取ることができます。

ティッシュペーパーを洗面所に常備しておいて、髪の毛をとかした後やドライヤーで髪の毛を乾かした後にティッシュペーパーを1枚手にとり、床に落ちた髪の毛を集めて簡単に取ることができるのでおすすめです。

また、ティッシュペーパーは音を立てずに使えるので夜間でも安心して使えます。

スティックタイプの掃除機

洗面所などの床面積が小さい場所にはスティックタイプの掃除機もおすすめです。

落ちている髪の毛を見つけたらその場ですぐに吸い取ることができるので、メインの大きな掃除機を出さずに手軽に掃除をすることができます。

スティックタイプの掃除機は安いものでもじゅうぶん髪の毛を吸い取ってくれますよ。

私は洗面所にスティックタイプの掃除機とティッシュペーパーの両方を置いて使い分けをしているのですがとても便利です。

家族が寝ている時間は音無しで静かに髪の毛が取れるティッシュペーパーを使い、家族が起きている時間はスティックタイプの掃除機をブンブンと音を鳴らし遠慮なく使っています。

排水口シール

お風呂の排水口に溜まった髪の毛を直接手で取るのは躊躇しますよね。

排水口に溜まった髪の毛は湿っているせいか抵抗感があります。

排水口シールを貼っておけば溜まった髪の毛はシールを剥がすときに一緒に取ることができます。

排水口に溜まった髪の毛を手で触らずに取ることができるので衛生面でもおすすめです。

スポンサーリンク

髪の毛を落とさない方法4選

 

身近なものを使うと髪の毛が落ちにくくなり、掃除が楽になります。

いくらお掃除ロボットで掃除が簡単になっても、髪の毛を落とさないのが一番ですよね。

ヘアクリップやヘアゴムで髪の毛をまとめる

ヘアクリップやヘアゴムで髪の毛をまとめておくと髪の毛が落ちるのを防ぐことができます。

髪の毛が長い方はヘアクリップやヘアゴムでまとめておくと効果的です。

特に抜け毛が増える春と秋は忘れずにまとめておきましょう。

ヘアドライヤーを使うときにバスタオルを敷く

ヘアドライヤーで髪の毛を乾かす前に足もとにバスタオルを敷いておきましょう。

バスタオルを敷くことで直接床に髪の毛が落ちるのを防ぐことができます。

バスタオルはお風呂上がりに使ったものを敷くと洗濯物を減らすことができるので楽です。

ヘアブラシを使わず手ぐしにする

髪の毛をとかすときにヘアブラシを使うと髪の毛が床に落ちる量が多くなります。

朝から床に落ちた髪の毛を見ると「また落ちちゃった!」とがっかりしてしまいますよね。

ヘアブラシの替わりに手ぐしで優しく髪の毛をとかすことで、床に落ちる髪の毛の量を減らすことができます。

私も手ぐしにしているのですが、ヘアブラシを使っていたときより圧倒的に床に落ちる髪の毛の量が減りました!

毎日シャンプーする

髪の薄い人は毎日シャンプーするなんて嫌がるかもしれません。

しかし、髪の毛を抜けにくくするには地肌を清潔に保つことだそうです。

毎日シャンプーすることで髪の毛が抜けにくくなり薄毛も解消されるのですね。

スポンサーリンク

まとめ

床のめんどくさい髪の毛の掃除の一番のおすすめは拭き取りロボットです。

面倒な掃除のストレスからも解放されるので、一時的に出費しても価値は大きいです!

手軽な解決方法は

  • 場所別に適した掃除グッズを使う
  • 時間と手間を抑えて簡単にできる掃除グッズを使う
  • 髪の毛を落とさない対策をする

髪の毛の掃除がめんどくさい!問題は、場所ごとに身近なもので簡単にできる掃除グッズを使うと、時間も手間もはぶけてラクラクです。

コメント