GACKTの「格付けチェック」相方は誰だった?歴代こんな人もいた!

芸能人

GACKTさんが出演の「芸能人格付けチェック」、毎年の正月の恒例行事と楽しみですよね。

GACKTさんは今までいろいろな有名人とペアを組んで参加してきました。

その知識の幅の広さと深さは驚かされましたが、続いていた連勝記録はとうとう2016年に団体としての連勝が途絶えてしまいました。

しかし、GACKTさん本人の記録は初登場の2009年からいまだ連勝を死守しています。

そこで今回は、これまでの歴代相方を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク

GACKTの「格付けチェック」ペア歴代まとめ!

格付けチェック、毎年欠かさず楽しみにしていますが、振り返ってみるととても面白いのでご紹介しますね。

2009年:初めて組んだペアは吉田秀彦(よしだ ひでひこ)さん

初めて「格付けチェック」でGACKTさんが組んだのは、総合格闘家の吉田秀彦(よしだ ひでひこ)さんでした。

吉田さんはGACKTさんと組む前年の2008年の「格付けチェック」では、なんと「一流芸能人」だったんです。

GACKTさんもその当時放送されていた「はねるのトびら」(懐かしい!)で『目利きの天才』と呼ばれていたのが昨日のことのようですよね。

GACKTさんは吉田さんと組んだチームの名は”マブダチ”でした。

GACKTさんと吉田さんは、プライベートでも親交があり(吉田さんはGACKTさんの誕生日会などのイベントには必ず参加する)”マブダチ”というチーム名となったのでしょう。

もちろん結果は「一流芸能人」でした!

2010年:つんくさん

2010年はつんくさんと組みました。

つんくさん、2010年といえばまだご病気前ですね…

この年の放送は、つんくさんとGACKTさんは意見がまとまりにくく見ていてもちょっとヒヤっとしました。

答えをゆずらないGACKTさんが印象的で記憶に残っています。

とはいえ、この年も「一流芸能人」として終えています。

2011年:出演せず

どういう事情か分かりませんが、GACKTさんは2011年の「格付けチェック」に出演はなく、ちょっと寂しかったです。

2012年:映画監督の紀里谷和明(きりや かずあき)さん

GACKTさんは前年の2011年の「格付けチェック」には出演されなかったので、2012年は期待していたのですが、”マブダチ”チームで復活してくれました!

紀里谷和明さんとペアを組みました

紀里谷和明さんと言えば、あの宇多田ヒカルさんの元ご主人ですが、2007年には離婚していたので、この時はすでに離婚後の出演でした。

アメリカ暮らしが長く美術の勉強をされ世界を放浪されたりしたとのこと、芸能人に負けない存在感のあるカッコイイ方でした。

芸能人ではない紀里谷和明さんは、そもそもあまりテレビには出ないのですが、GACKTさんとは今でも親交がある模様です。

もちろんこの年も「一流芸能人」でした。

2013年:魔裟斗(まさと)さん

この年もGACKTさんは”マブダチ”チームを組んで出演しました。

キックボクサーの魔裟斗(まさと)さんとペアを組みました。

魔裟斗さんといえば、ゴリッゴリの運動一筋の人と思ってGACKTさんとペアを組むのは心配しながら見ていましたが、無事全問正解でした。

この回ごろからGACKTさんの全問正解が当然のように視聴者は感じてきていました。

GACKTさんが魔裟斗さんと組んで全問正解したのは、魔裟斗さんの印象もアップしたのではないでしょうか。

2014年:西川貴教(にしかわ たかのり)さん

この年、GACKTさんは”マブダチ”ではなく”アーティスト”チームとして歌手の西川貴教(にしかわ たかのり)さんとペアを組み出演しました。

西川さんって喋らせると関西弁で実に楽しい人と、この番組で知りました。

今では「兵庫県知事になるのでは?」と言われているほど、実は博識だし、人望の厚い人なんです。

さすがGACKTさんとペアを組むだけのことはあります。

「消臭スプレーのCMの人」と言えばどの世代もすぐにわかると思いますが、話題の映画「天外者」にも出演しているんです。

西川さんが出演した際は「1億円の盆栽はどっち?」というものがありましたが、私は見事外してしまいました。

他の回答者も全員同様に外しました。

西川さんがひとりだけ違う方を選択した時はGACKTさんの表情も揺らぐと思いきや、信頼しきったというか、自分もそれを選ぶ、といった落ち着いたものでした。

もちろんこの年も全問正解!でした。

2015年:鬼龍院翔(きりゅういん しょう)さん

この年ほど見ていてひやひやした年はありませんでした。

GACKTさんの連勝が続き、GACKTさんはもちろん、ペアのプレッシャーたるや、気の毒になるほどです。

鬼龍院さんは回答するたびにおどおどしている姿に、視聴者としては「外してほしくない、外したら鬼龍院さんが可哀そう、でも外してGACKTさんがブチぎれる様子も見たいし、ここで連勝が止まるのも面白そう。」と複雑な思いで見ていました。

正解して飛び上がる姿も自然体で、結局全問正解となるのですが、見ているほうもドキドキしてとても面白い回でした。

2016年:北山宏光(きたやま ひろみつ)さん/中山優馬(なかやま ゆうま)さん(Kis-My-Ft2)

とうとうこの年にGACKTさんの連勝は止まってしまいました。

※しかし、この年は団体戦だったため、個人の連勝記録は守られています。

なぜか、この回はGACKTさんがペアを決めず番組側がジャニーズの二人を用意。

今まではGACKTさんがペアを選んできたのに???と思いました。

前年の鬼龍院さんを見てもわかる通り、あまりのプレッシャーからGACKTさんと組む人がとうとういなかった?と思ってしまいました。

しかし、GACKTさんは初めて『普通芸能人』に落ちたのにもかかわらず、ショックな表情はわかりましたが、さほど立腹していない様子がむしろカッコよかったです。

初めてGACKTさんは『普通芸能人』に落ちるという屈辱を味わったのですが、個人としては全問正解(通算42連勝)を達成、すごすぎです。

2017年:堀江貴文(ほりえ たかふみ)さん

 

その後のツイッターでは出演をOKした経緯について「ってかGACKTさんのライブ終わり楽屋で『出てよ』っていわれて軽い気持ちでOKしたけど、出るまで番組観たことなかったんだよね笑。観てたらOKしなかったわ笑。GACKTさんのプレッシャー凄いから」

ホリエモンGACKTの無敗理由の一端明かす

前年では『普通芸能人』に落ち屈辱を味わってしまったGACKTさん。

この年にペアに選んだのは、堀江貴文(ほりえ たかふみ)さんです。

GACKTさん、昨年のこともあってペア選びにはかなりご苦労された模様です。

「ホリエモンを連れてくるとは!これは強いだろう」と思った矢先、なんと堀江さんはバイオリンの音感チェックで失敗してしまいました!

いくら博識でも楽器の音を聴き比べるのは難しいんですねえ。

GACKTさんのせいではないのに再び「普通芸能人」へ転落する屈辱の結果でした。

ホリエモンは不正解のあといろいろぐずぐず言い訳していましたが、GACKTさん「とりあえず黙ろ」と一喝。

ホリエモンは不正解した事より恥ずかしかったでしょうね。

見ていたほうは何故かスッキリしました。

相変わらずカッコいいです。

2018年:YOSHIKI(1回目)さん

 

この年はYOSHIKIという衝撃のペアを連れてきましたね!

番組史上最強じゃないでしょうか?

YOSHIKはミュージシャンなので音感チェックはわかって当然、ワインもご自分のブランドを持っているほどです。

YOSHIKIさんは全問サラッと当てて、GACKTさんも落ち着いて安心して任せていました。

一流の人たちは日常からいいもの食べて、いいもの聞いて、いいものを見て生活しているんだなあと思い知らされた回でした。

しかし、視聴者としては鬼龍院さんのようにドキドキハラハラさせてもらいたいです。

2019年:YOSHIKI(2回目)さん

この年は昨年と同様にYOSHIKIさんとペアを組みました。

始まる前からこのペアだったら「正解しすぎてつまらないだろうなあ」と思ってしまいました。

チーム名も「チーム全問正解」。

予想通り、全問正解でした。

しかし、クールなイメージのYOSHIKIさんが他の人の回答を待つ間、控室に置いてあるお菓子(さほど高級でない駄菓子など)を次々に食べてしまう様子が、面白い回でした。

2020年:鬼龍院翔(2回目)さん

待ってました!

再び鬼龍院さんの登場です。

2015年の面白かった回がやはり評判だったのではないでしょうか。

昨年2年連続YOSHIKIと組んだ後の鬼龍院さん。

「プレッシャーで本当は断りたかったんだろうなあ」と思いましたが、番組としては大変盛り上がりました。

2015年はおどおどしながらも全問正解!という快挙でしたが、この年は鬼龍院さんが最後の牛肉の選択で失敗してGACKTさんは痛恨の「三流芸人」となってしまいました。

鬼龍院さんの土下座までして平謝りする姿にGACKTさんは「まあ、人生色々あるわな…」と。

それでもGACKTさんは個人としては62連勝って、前人未到です。

2021年:倖田來未

最強のペアの登場です!

gacktさんのご指名だった倖田來未さん。

かなりのプレッシャーだったはずも、見事全問正解でしたね。

倖田さんのダンサーの見極め方や、吹奏楽の演奏の違いなどプロならではの目利きにgacktさんもびっくり、べた褒めしていました。

新しいペアの誕生、来年も最強ペアとして期待できるかも!?

スポンサーリンク

これまでのペア(団体)での成績

個人では連勝していますが、ペア(団体)での勝利はなかなか難しいですね。

GACKTさんの歴代のペア(団体)との成績をまとめました。

  • 2009年~2015年:一流芸能人(2011年は出演せず)
  • 2016年、2017年:普通芸能人
  • 2018年、2019年:一流芸能人
  • 2020年:三流芸能人
  • 2021年:一流芸能人
スポンサーリンク

まとめ:GACKTの「格付けチェック」ペア歴代

GACKTの「格付けチェック」ペア歴代をご紹介しました。

毎年欠かさず見ていましたが「あー、あんな人と組んだこともあった」と思い出した方も多いのではないでしょうか。

GACKTの連勝記録はどこまで続くのか、ペアを組む人もプレッシャーで大変ですよね。

芸能人
スポンサーリンク
知ってスッキリ!