除湿剤と乾燥剤の違いとは?再利用の方法!

除湿剤と乾燥剤の違い お役立ち情報

梅雨の時期など、湿気が多い時期になると活躍してくれる『除湿剤』『乾燥剤』ですが、似ているようで違いってよくわかりませんよね。

どちらも用途に合った使い方をしていないと効果は半減してしまいますし、使い方によっては危険なこともあるので、注意が必要なんです!

そこで今回は、除湿剤と乾燥剤の違いや、正しい用途についてお伝えします。

スポンサーリンク

除湿剤と乾燥剤の違いとは?

除湿剤と乾燥剤の違いとはなんでしょう。

除湿剤と乾燥剤の違いとは

  • 除湿剤:空間の湿度を下げるもの
  • 乾燥剤:湿気を取り除くもの

除湿剤とは

除湿剤とは、主な成分が固形の塩化カルシウムで、空間の湿った空気を取り除くものです。

乾燥剤とは

乾燥剤とは、密閉された空間や物質から水分を除くために用いられるものです。

お菓子の袋などでよく見かけるアレです。

乾燥剤の主な成分は、シリカゲル(二酸化珪素)、生石灰(酸化カルシウム)で、海苔お煎餅などの食品・医薬品のパッケージに入れられており、乾燥を促進し湿気を取り除くものです。

除湿剤と乾燥剤では使用場所も違ってきます。

スポンサーリンク

除湿剤と乾燥剤の使用場所の違い

除湿剤と乾燥剤はそれぞれどのような場所で使ったら効果が大きいのでしょう。

除湿剤の使用場所

除湿剤は空間の湿度を下げるので、使用するのに適している場所は

  • 押入れ
  • タンス
  • クローゼット
  • 下駄箱

など、空気の動きがない密閉された空間です。

リビングなど空気の動きがある広い空間では、ほとんど除湿効果が発揮されないので注意です。

湿った空気は下の方に溜まりやすいので、除湿剤は空間の下の方に置きましょう。

除湿剤は置き場所を間違えると効果が薄くなってしまうので、効果的な置き場所を解説しましたので是非参考にしてください

除湿剤置き場所はどこが効果的?間違えると効果半減!

また、湿気が戻ってきてしまうので、水が溜まりきった除湿剤はすぐに交換して下さいね。

乾燥剤の使用場所

乾燥剤を使用するのに適している場所は

  • 食品
  • 電子機器

など、食品のパッケージや医薬品のパッケージ内に入っているのを目にしますよね。

密閉容器に移して、乾燥剤を一緒に入れるとより効果的に湿気を吸収してくれます。

スポンサーリンク

除湿剤と乾燥剤のデメリット

除湿剤も乾燥剤も簡単に湿気を吸収してくれる便利なものですが、使用するにあたってのデメリットを紹介します。

除湿剤のデメリット

  • 除湿の速度が遅いため、広い空間ではほとんど効果を発揮しない

空気の動きがある広い空間では除湿効果はほとんどありません。

湿気が気になるときは複数使いすると効果を感じられますよ。

例えば、押し入れには上下の段に置く、クローゼットには床に置き型タイプを、上部にはハンガータイプを使用すると除湿効果が高まります。

  • 使用期限期が短い、割高である

ハンガータイプのものは交換時期が1~2か月と短く、置き型タイプのものより割高なため、コスパが良くないです。

置き型タイプはコスパも良く交換時期も3~6か月ですが、水が溜まりきったものを放置すると湿気が戻ってしまい、一緒に置いている除湿剤の寿命を縮めてしまうので気を付けましょう。

  • 溜まった液体がもれることがある

うっかり床やカバンにこぼしてそのまま放置していると、床にシミが出来てしまったり、衣類や皮製品が変色したり、金属が錆びてしまうことがあります。

乾燥剤のデメリット

  • 目や口に入れると危険

目に入ると失明の危険、口にすると最悪命にかかわる危険性があるので、赤ちゃんやペットなどの手の届かない場所で使用するのが望ましいですね。

  • 乾燥しすぎてしまう

除湿効果が高いので乾燥する時期に使用すると、乾燥しすぎてしまいます。

乾燥が気になる時期は除湿剤に変え、換気をすることで湿気対策はばっちりです!

  • 急速に湿気を吸収すると発熱する危険がある

乾燥剤のパッケージには『水かけ注意』と書かれているものがあります。

乾燥剤で火事!なんて話もあるようなので、取り扱いには注意が必要です。

スポンサーリンク

除湿剤の安全性は?

除湿剤の主な成分の塩化カルシウムで毒性はありません。

毒性はありませんが、除湿剤に溜まった水を処分する際には手につかないように気を付けましょう。

べとべとしたり、肌が弱い方は肌が荒れてしまったりするようです。

また、金属に触れると錆びが発生するので、シンクに除湿剤の溜まった水を流して処分する際はシンクにもたくさん水を流してください。

除湿剤の安全な捨て方はこちらの記事に書きましたので是非参考にしてください

除湿剤捨て方!安心な捨て方とは?捨てないで半永久的に使える除湿剤がある!

塩分が多いので植物にかけると枯れてしますので注意してください。

花などにはかけてはいけませんが、雑草の駆除になるそうですよ!

誤って誤飲してしまった場合も、毒性はほぼないので水をたくさん飲むようにしましょう。

その後万が一体調がすぐれない場合は、速やかに病院で受診してください。

スポンサーリンク

乾燥剤と食品用の違いとは?

乾燥剤といっても使用する場所や、対象によって選び方が変わってきます。

食品に使用する場合、

  • 人体に害がないもの
  • 食品の成分と反応しないもの
  • 発熱の少ないもの
  • ガスなどを発生させないもの
  • ゆっくりじわじわ効果が持続する

包装や食品によっても変わってくるので、食品用の乾燥剤の選び方は重要になります。

ビーズ状のシリカゲル、シート状のドライマットなどは、包装内の湿気を防ぎ、美味しさを長持ちさせます。

スポンサーリンク

乾燥剤は再利用できる?

乾燥剤は再利用が可能です。

しかし、乾燥剤にはシリカゲル(二酸化珪素)と生石灰(酸化カルシウム)がありますが、どちらも再利用でしますが、乾燥剤として再利用できるのはシリカゲルのみです。

シリカゲルの再利用方法!再度乾燥剤になる!

シリカゲルには『A型』『B型』の二つがあります。

  • 『A型』は湿度が低い空間での吸湿効果が高く、食品や、電子機器などに使用
  • 『B型』は湿度が高い空間での吸湿効果が高く、家庭用の除湿剤に使用されている

『A型』の場合はフライパンや電子レンジで加熱し湿気を取ります。

フライパン:とろ火で薄くまんべんなく加熱、青色になったらOK

電子レンジ:30~40秒加熱。途中で取り出してまんべんなく熱が当たるようにする。

★注意事項:加熱しすぎは吸湿性が低下する、加熱に使用したフライパンや容器は食品に使わない★

『B型』の場合は、天日干しなどで乾燥させることでまた使用出来ます。

天日干しする際はステンレスのお皿などに乗せると熱が逃げずに加熱されるため、また乾燥剤として利用することが出来ます。

このように、シリカゲルの『B型』は再利用することが可能です!

しかし、湿気を吸いきってしまったものは効果がないそうなので、その場合は交換することをお勧めします。

生石灰の再利用は土に!

生石灰は湿気取りとして使用した後は消石灰に変化し、乾燥剤としてはシリカゲルのようには使えません。

しかし、畑など土に撒くと土壌改良材になります。

カルシウムを補給したり土をアルカリ性にできるので作物や花の生育にはとっても向いています!

畑に撒くための石灰も販売されているほどなんです。

ただし、撒きすぎはアルカリ性が強くなってしまうので、ほどほどが重要です。

スポンサーリンク

まとめ

除湿剤と乾燥剤の違いをお伝えしました。

  • 除湿剤は、固形の塩化カルシウムが主な成分、空間の湿った空気を取り除くもの
  • 乾燥剤は、シリカゲル(二酸化珪素)や生石灰(酸化カルシウム)が主な成分、乾燥を促進して湿気を取り除く

効果を十分に発揮してもらうために、除湿剤も乾燥剤も使用する用途を間違えないように気を付けましょう!

【関連記事】

除湿剤置き場所はどこが効果的?間違えると効果半減!

除湿剤捨て方!安心な捨て方とは?捨てないで半永久的に使える除湿剤がある!