景品表示法に基づきアフィリエイト広告を利用しています。

布団乾燥機でダニ退治しても掃除機かけないと怖いことに!

布団乾燥機ダニ掃除機かけない 布団
スポンサーリンク
スポンサーリンク

布団乾燥機でダニを退治したあと、掃除機かけないで終わっていませんか?

「布団乾燥機でダニ退治したら掃除機をかけないとダメなの?」

「掃除機かけないとどうなるの?」

ダニ退治のあとの掃除機がけは、かなり重要な意味があるんです。

布団乾燥機で満足してちゃダメです!

スポンサーリンク

布団乾燥機でダニ退治は出来る?

布団乾燥機ダニ掃除機かけない

布団乾燥機はダニ退治機能や高温機能がある製品なら、ダニ退治が出来ます。

私、少し前まで「布団を外に干しているからダニ退治をしなくても大丈夫!」と思っていたんです。

でも布団にいるダニって天日干しだけでは退治できないんです!

「じゃあ退治するためにはどうすればいいの?」と言うと、50℃以上の熱を20~30分当て続けることが必要です。

残念ながら天日干しではこの温度に達しません。

それを知り、「天日干しでダニ退治できないならどうすればいいんだ…」となっていた私を救ってくれたのが布団乾燥機です。

布団乾燥機なら50℃~70℃の温風を出し、ダニが苦手な乾燥状態をつくることが出来るので、ダニ退治にはとても有効です。

「これでダニを退治した布団で気持ちよく眠れる」と思っていたのですがどうやら違っていました。

調べてみると布団乾燥機は生きているダニを死滅させることが出来るだけで、死骸を取り除くことは出来ないとのこと。

また、ダニの卵は60℃ほどの温度では死滅させられないようです。

じゃあ、死滅したダニや卵をそのままにするとどうなるの?どうやって取り除けばいいの?

これが私の本音です。

布団乾燥機だけでは退治はできても除去はできないと知り、布団からダニを取り除くのにはどうしたらいいんだろうと色々調べて試してみました。

スポンサーリンク

布団乾燥機でダニ退治のあとに掃除機かけないとだめ!

布団乾燥機ダニ掃除機かけない

布団乾燥機でダニ退治をしたあとに掃除機かけないと、ダニアレルギー発症の元になります

ダニは死滅しても、死骸もあるし卵もあるって想像するとなかなか気持ち悪い~

ダニアレルギーは喘息やアレルギー鼻炎、アトピー性皮膚炎など別の症状を誘発することになりかねません。

どれも一度発症すると、完治が難しいものばかりですね!

せっかくダニを退治したのに、その死骸でアレルギーになるのは避けたいものです。

じゃあどうすればいいかというとまず試してみたのが「掃除機をかける」という方法です。

掃除機をかける理由

布団乾燥機で生きているダニを死滅させても、ダニの死骸やフン、卵は布団に残っています。

恐ろしいことにダニの卵は、2週間すると孵化してまた繁殖します。

また、ダニアレルギーの元となるものには、ダニが綿を細かく噛み砕いたホコリなども含まれます。

布団乾燥機を使ったあとは、ダニアレルゲンがたくさん残っている状態なのね!

布団を洗っていても、水の温度では生きているダニ効果がなく、布団の繊維にしっかりとしがみついています。

それに布団についた髪の毛やフケなどはダニの餌になってしまいます。

これらをしっかり取り除くためにも、掃除機がけは必須です。

ただ気になるのが、「普段床を掃除している掃除機で布団を掃除するのは衛生的にどうなの?」という点。

掃除機のヘッドにホコリがついた状態で布団を掃除すると、布団にそのホコリがついたりします。

これじゃあダニ退治をしても、また汚れてしまうような…。

試しに掃除機で掃除をしてはみたものの、手応えとしてはいまいちでした。

そこで、また別の方法も試してみたので皆さんに掃除機以外の方法も紹介します。

ダニの繁殖を防ぐ意味でも、布団や布団周りはゴミを取り除き、乾燥状態にしておくのがベストですよ。

掃除機を使わないダニ退治の方法

普段、床やカーペットを掃除している掃除機を布団に使うと、せっかくダニ退治した布団が汚れてしまうので、これらの方法を試してみました。

  • 布団クリーナー
  • コロコロ

それぞれ紹介します。

布団クリーナー

これが便利で、掃除機のように布団が引っ付いてきて掃除がしにくいということがありません。

一回、掃除機でやってみたんですけど、布団を吸い込んじゃってなかなかストレスの溜まる作業でした。

布団クリーナーはその点でとても優れている商品です。

布団の生地を傷めることもありませんね。

また、掃除機を布団に使うとなると、吸い込み口部分の掃除やノズルの付け替えが必要となりますが、布団クリーナーだとその必要はありません。

布団専用で使うので掃除機のように布団が汚れてしまう心配がないのが本当に嬉しいです。

コロコロ

ホームセンターなどには布団専用のコロコロが売っています。

布団やカーペットのダニを捕獲するために、一般的なコロコロよりも粘着力が強く作られていますよ。

殺虫剤や忌避剤が入っていないので、小さな子どもがいる家庭でも使いやすいですね。

ただ、コロコロはあくまでも布団表面部分のダニやゴミを取ることしかできず、掃除機で吸うより効果が薄いと言えます。

ダニって布団の表面だけでなく中にもいたりするので、コロコロだけじゃあんまり「取ってる」という感じがしないんですよね。

しないよりはした方がいいという程度かな・・

スポンサーリンク

ダニ退治のあと掃除機よりしっかり効果がある方法とは

布団乾燥機ダニ掃除機かけない

ダニの除去には、掃除機よりも布団クリーナーを使うとより効果があります。

布団クリーナーを使うにあたり、どのような効果・機能があるかを調べました。

布団クリーナーはダニアレルゲンやハウスダストの除去に特化しているため、掃除機よりも布団掃除に優れています。

  • ダニ退治のための機能が備わっている
  • 布団を巻き込まない
  • コンパクトで動かしやすい
  • 殺菌や脱臭機能がついているものもある

それぞれ詳しく紹介します。

ダニ用モードが備わっている

ダニに紫外線を当てるUV機能やたたき上げて吸い取る機能、布団にいるダニの量をランプの色で教えてくれるダニセンサーなど、便利な機能が備わっています。

布団クリーナーはダニアレルゲンを除去することが目的ですが、たたき機能がついていると、布団の内部に潜む生きたダニをたたき上げて吸い込むことが可能です。

これが掃除機やコロコロとの大きな違いで、徹底的にダニや卵を除去してくれます。

布団乾燥機で退治したダニや卵を除去するのには布団クリーナーが最適です。

布団を巻き込まない

掃除機で布団を掃除しにくい最大の理由が布団を巻き込むことですよね。

さっきも書きましたが、掃除機だと布団を吸い込むのがストレスでストレスで…。

布団クリーナーなら、布団を巻き込まないよう工夫がされているのでストレスなく布団の掃除が出来ます。

コンパクトで動かしやすい

コンパクトで動かしやすく、枕など丸みがあるものにも使うことが出来ます。

髪の毛やフケを餌とするダニは、足元よりも頭の辺りにたくさん集まってくるので、枕を手軽に掃除出来ると衛生的ですね!

殺菌や脱臭効果があるものも

製品によっては、殺菌や消臭効果があるものもあり、布団掃除+αの効果が見込めます。

毎日使うものだから消臭効果はいいですよね

スポンサーリンク

掃除機と布団クリーナーどっち?

布団乾燥機ダニ掃除機かけない

ダニの除去を考えると布団クリーナーを強くオススメします!

実際に使ってみて感じたことを下の表にまとめました。

メリット デメリット
掃除機  

・家にあるので手軽

 

・ノズルが汚い

・かけ方が面倒

・ダニが取れない

布団クリーナー ・ダニをしっかり取れる

・掃除機より軽く使いやすい

・商品によってはダニが取れたか可視で確認できる

・購入する費用がかかる

・音が大き目

 

掃除機もコロコロも試して、やはり布団掃除に特化した布団クリーナーにはかないませんでした、

掃除機でもダニを吸い取ることは出来ますが、床やカーペット専用の掃除機には限度があります。

しかも汚いと思う…

掃除機でダニをしっかり吸い取るには1㎡あたり20秒以上時間をかけて丁寧に行う必要がありますし、床やカーペットを掃除したあとだと衛生面の問題も気になります。

対して布団クリーナーは布団掃除専用なので、そのようなことは気になりませんしダニ除去機能でしっかりダニを取り除いてくれました。

購入に費用がかかる点は欠点かもしれませんが、そのお金を払えばずっと綺麗な布団で眠れると考えれば安いものです。

「しっかりダニ退治ができている」って分かるだけで、不思議なことに今まで以上にぐっすり眠れている気さえします。

スポンサーリンク

掃除機もイヤ布団クリーナーも買えない場合

掃除機は汚いしでも布団クリーナーの出費も痛い!

そんな時は掃除機のノズルを替えて使う方法もあります。

ノズルって別売りで買えるんです

掃除機のノズルは100均でも買えます。

掃除用と布団に使う用と分ければいいですよね。

100均のノズルの効果が心配な場合はメーカーのノズルと100均のノズルの比較を詳しくチェックしてください!

スポンサーリンク

まとめ

布団乾燥機でダニ退治のあとは、掃除機かけないとこんな気持ち悪いことが!

  • 死骸やフン、卵などが残りアレルギーの原因になる
  • 布団についた髪の毛やフケなどがダニの餌となる

掃除機は床掃除をしていて気持ち悪いので布団クリーナーがお勧めです。

掃除機やコロコロでもある程度の対策にはなりますが、布団クリーナーには敵いません。

布団乾燥機+布団クリーナーを使うと安心してぐっすり眠ることができますよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
布団
スポンサーリンク
知ってスッキリ!

コメント