髙松智美ムセンビ選手の国はどこ?プロフィールは?

スポーツ

富士山女子駅伝2020で大注目は名城大学!

その中でもすごい走りを見せてくれた髙松智美ムセンビ選手。

3年連続の出場ですが、髙松智美ムセンビ選手はどこの国の人?と思った方が多いでしょう。

髙松智美ムセンビ選手の国とプロフィールをご紹介します。

スポンサーリンク

髙松智美ムセンビ選手の国は?両親はどこの国の人?

髙松智美ムセンビ選手、生まれたのはケニアですが国籍は日本でした。

ご両親を調べて驚きいたことに、なんとお父様もマラソン選手でした。

お父様はケニア人のマクセル・ムセンビさんといい、2001年に長野マラソンで優勝されています。

鷹ノ子は鷹、ですね。

小さい時からお父様がコーチとして練習してきたとのこと。

お母様は日本人だそうです。

母は応援専門です。ほかの選手の記録とか結果とかを調べて教えてくれたり、いろいろな刺激をくれています。

日本陸上競技連盟公式サイトより

しかし、髙松智美ムセンビ選手はケニアへはその後一度も行ったことが無いそうです。

2017年に世界クロカンでウガンダに行けたときは、すごく嬉しかったです。ウガンダはケニアの隣ですごく近い国なので、そこでケニアの選手と走れたことも、叔父が応援に駆けつけてくれたことも本当に嬉しかったですね。

日本陸上競技連盟公式サイトより

話す言語は?

お父様の出身のケニアの共通言語はケニア語と英語です。

高松智美ムセンビ選手はケニア語と英語も話せるのでしょうか。

高松智美ムセンビ選手は名城大学の外国語学部・国際英語学科ですが、そこを選んだ理由として「陸上だけでなく、英語を使えるようになりたい」と言っていましたので、英語はペラペラに話せるというほどではないのかもしれません。

ケニア語に関しては調べても出てきませんでしたが、お父様と多少はわかるかもしれませんね。

それにしても日本語は日本人とかわりません。

これだけ日本語が流暢ですので、家庭で親とは日本語で話しているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

髙松智美ムセンビ選手のプロフィール

高松智美ムセンビ選手のプロフィールです。

  • 生年月日:2000年2月23日
  • 身長148cm
  • 出身地:大阪府
  • 大阪薫英女学院中学校・高等学校卒業
  • 名城大学 外国語学部・国際英語学科
  • ☆2018 日本選手権 1500m 優勝
    ☆2018 日本インカレ 1500m・5000m 2冠

高松智美ムセンビ選手はケニアで生まれて1歳で日本へ来たそうです。

調べたところ、中学校までしか出てきませんでしたが、出身地は大阪府となっていましたし、高校も大阪ですので、大阪で育ったのでしょうね。

この日本語力は全く日本人とかわりませんよね。

スポンサーリンク

髙松智美ムセンビ選手はダイアモンドアスリートでオリンピックにも?!

富士山女子駅伝で素晴らしい走りを見せてくれた高橋朋美ムセンビ選手は、高校生の時には早くも日本陸連ダイヤモンドアスリートにも選ばれています!

ダイアモンドアスリートとは

2020年東京オリンピックと、その後の国際大会での活躍が大いに期待できる次世代の競技者を強化育成する「ダイヤモンドアスリート」制度。東京オリンピックを契機に中・長期的にエリートを育成するために選ばれた競技者である。陸上競技を通じて、競技的にはもちろん、豊かな人間性を持つ国際人となり、今後の日本および国際社会の発展に寄与する人材として期待される競技者。

日本陸上競技連盟公式サイトより

スポンサーリンク

高橋朋美ムセンビ選手の国籍はどこ?

高橋朋美ムセンビ選手は父親がケニア人で母親が日本人でケニアで生まれたことはわかりましたが、国籍は日本!でした。

ダイヤモンドアスリートにも選ばれているのでオリンピック選手に日本代表として名前が上がるのはそう遠い未来のことではなさそうです。

高橋朋美ムセンビ選手は、現在のところ東京オリンピックの代表選手には入っていませんが、今後の活躍を期待したいですね!

 

 

スポンサーリンク

まとめ:髙松智美ムセンビ選手の国はどこ?プロフィールは?

髙松智美ムセンビ選手の国とプロフィールについてご紹介しました。

1歳からずっと日本で国籍も日本、日本語もペラペラ、ということがわかりました。

  • 髙松智美ムセンビ選手はケニア生まれ
  • 1歳の時に日本に来て国籍は日本
  • 父親がケニア人、母親は日本人
  • 高校生の時にダイアモンドアスリートに選出
  • 名城大学 外国語学部・国際英語学科

いつの日かオリンピックでも活躍してくれることを大いに期待します!

スポーツ
スポンサーリンク
知ってスッキリ!