平野紫耀のこども時代の激やばエピソードまとめ!やんちゃで貧乏だった母子家庭時代

ジャニーズ

King&Princeのメンバーとして大活躍中の平野紫耀さんのこども時代について深堀しました!

今でこそ非の打ち所のないイケメンでモテモテの平野紫耀さんですが、こども時代は母子家庭でやんちゃで大変だったんです!

やんちゃ故の骨折エピソードや、バレンタインで貰った驚愕のチョコの数やモデルまでやっていた⁉などのモテエピソードまで驚くことばかり!

そのほかこの記事では

  • 平野紫耀さんのこども時代の多すぎるやんちゃ事件とは
  • 平野紫耀さんのこども時代の初恋&告白エピソード!
  • 平野紫耀さんは子ども時代、母子家庭だった泣ける貧乏話

などなど盛りだくさんでお伝えしていきます!

スポンサーリンク

平野紫耀のこども時代:幼児期

平野紫耀さんの幼児期は母子家庭で苦労したこともわかりました。

名前の由来

平野紫耀さんの「紫耀」という感じ、中々見慣れず芸名っぽいと思いませんか!?

しかし「平野紫耀」は本名なんです!ビックリ!

なんでも名付けたのはお母さんだそうで、お母さんの好きな色が紫で、「紫の入ったカッコいい名前」にしたくて選んだのだとか。

お母さんの想いが詰まったカッコいい名前って素敵ですね。

おばあちゃん大好き!

後述しますが、平野紫耀さんは幼少期を母子家庭の中で育ったため、ジャニーズに入所する16歳になるまで名古屋に住んでいました。

その時、おじいちゃんとおばあちゃんも一緒に住んでいたそうです。

以前、番組で「無人島に何か一つ持っていくとしたら何?」と質問された際にも、「おばあちゃん」と答えるほどおばあちゃん大好きっ子!

おばあちゃんも孫の平野紫耀さんをとても可愛がっている様子。

TBSドラマ「花のち晴れ~花男NextSeason~」に平野紫耀さんが主演を務めていたのですが、おばあちゃんは毎週欠かさず録画して見ていたそう。

他にも、平野紫耀さんが上京して5回ほど引っ越しをしているそうなのですが、そのすべてにおばあちゃんが付いてきてくれるのだとか。

平野紫耀さんもおばあちゃんも飽き症のようで、性格も似ているようです(笑)

やんちゃエピソード!

平野紫耀さんのちょっとお茶目でやんちゃなエピソードも!

3歳くらいの時、家族で5円玉貯金をしていたそうなのですが、なんと5円チョコと間違って食べてしまったのだそう!

お母さんがびっくりして病院に連れて行ったところ、お腹の中に5枚ほどの5円玉が。。。

5円玉貯金を壺に入れて保管していたようで、小さい子供の手なら入ってしまいますもんね。。

4歳で保育園の40歳の先生に初恋!

平野紫耀さんが2018年公開の「ういらぶ。」の公開イベントで発表した句がこちら

「目の中に ハートができた 4歳児」

そう!4歳の時に初恋をしたそうなんです。

お相手は当時通っていた保育園の先生でお年は40歳!

とても包容力があり優しい先生だったそうですが、怒るときはビンタもされていたそうです。

しかし当時の平野紫耀さんは「愛のムチ」と感じていたのだとか。

一度、親の車で帰る時に「今、僕車で来てるけど乗ってく?」と誘ったそうなのですが、あっさりと断られたと話されていました(笑)

スポンサーリンク

平野紫耀のこども時代:小学生

ちょっと大きくなった平野紫耀さん。小学生になってもやんちゃなエピソードが続きます!

やんちゃエピソードが続く

なんと平野紫耀さん、小学校の時に窓から登校したことがあるそう。

当時、校舎の窓には防球ネットがしてあり、それをよじ登って窓から侵入していたのだとか。

「よじ登って」ということは2階以上でしょうから、やんちゃを通りこして危ないですよね。

平野紫耀さんのやんちゃはとどまることを知らず

  • 自転車から崖にダイブ
  • 川にもダイブ
  • 電柱に戦いを挑む

などの奇行を繰り返し、骨折することなんと7回!!

小さいとき特有の「何でもできる感」がそうさせたのでしょうね(笑)

徐々にモテ街道へ

平野紫耀さんは小学2年生からダンスを習い始めました。

名鉄カルチャースクールに開設された「ファンクキッド」に所属。

メキメキと上達し、先輩を差し置き、センターで踊ることもしばしばあったのだとか。

ジャニーズに入所したきっかけもダンス教室の合宿先の先生が少年隊の振付師だったことが縁となったようで、ダンスをきっかけに世界が広がったと言っても過言ではないですね。

ダンスを始め、そのほか足も速くドッジボールも強かったとスポーツ万能の平野紫耀さん。

小学生でその要素が全部当てはまれば人気者になるのはもちろん、女子からも注目されること間違いなしですよね。

さて、とうとうやってきた平野紫耀さんのモテ期ですが、なんと小学4年生11歳の頃だとか。

以前、バレンタインデーで64個ものチョコを貰ったことを明かされていました。

しかも誰からそのチョコを貰ったのかちゃんと覚えていたそうで、そんな紳士なところもモテる要因だったのでしょうね。

貰ったチョコは保存用にフライパンで溶かし、一個に固めなおしていたそうです。

繊細なのか大雑把なのか分かりませんね(笑)

実は平野紫耀さんは小学校の頃から地元名古屋の芸能事務所「セントラルジャパン」に所属し、スーパーのチラシなどモデルとして起用されていました。

そりゃモテるわけですよね。

スポンサーリンク

平野紫耀のこども時代:中学生

続いて中学生時代の平野紫耀さんを見ていきましょう!

中1でバトミントン愛知県で1位に

小学校4年生から始めたバドミントンですが、なんと中学1年生の時の大会で愛知県1位の座に輝いた経験が!

本当にスポーツ万能で何をやっても高次元でこなしていたのですね。

そんな才能のあるバドミントンですが、芸能活動が本格化した中学校2年の時に辞めてしまったようです。。。

もったいないような気もしますが、今の活躍ぶりを見ると正解だったのかも。。。⁉

BOYS AND MENの初期メンバー

平野紫耀さんは2010年から東海地方出身者のご当地アイドル『BOYS AND MEN(略してボイメン)』の初期メンバーとして活動していましたが、わずか1年後の2011年に脱退しています。

脱退の理由は山下智久さんのコンサートを見てジャニーズに憧れ、ジャニーズを目指すようになったから。

また、平野紫耀さんはボイメンに所属していた過去を隠しているようです。

「同姓同名の別人です」

などと否定されているそうですが、何故なのでしょうか?

実はボイメンはフォーチュンエンターテイメントという芸能事務所の所属なのですが、ジャニーズ事務所とはライバル関係にあるんです。

フォーチュンエンターテイメントは東海地方、ジャニーズ事務所は全国規模、と違いはあるものの、平野紫耀さんは両社を気遣って発言している模様。

優しい平野紫耀さんですが、芸能界も大変ですね(;’∀’)

ヤンキーだった

まだまだ平野紫耀さんのヤンキー列伝がありました!(笑)

中学校の卒業式で撮られた1枚の写真。

中央に鎮座する紫の学ランを着た平野紫耀さん。

本当にヤンキーだったかは分かりませんが、卒業式で色つきの学ランを着るということは。。。

それなりにやんちゃだったのかもしれません(笑)

中学2年生の時、牛乳瓶を返却するのを忘れた平野紫耀さん。

なんと返すために教室のある2階の真下に停まっていた配達のトラックの荷台に飛び乗ったそうです!

そのまま運転手が気づかず平野紫耀さんを乗せたまま出発してしまったのだそう。

そもそも運転手に渡せばよかったのでは。。。と思うのですが、やんちゃだった平野紫耀さんはどうしても荷台に乗りたかったんでしょうね!

1時間後に「あぶねえ、さらわれそうになったわ」と教室に帰ってきたのだとか。

そんなやんちゃな平野紫耀さんですが、中学生時代に幼なじみに告白したことがあるそうです。

小学校から一緒だった女の子だったのですが、かなり勇気を絞って告白したのだとか。

気になる結果については平野紫耀さんは語っていません。。。超気になりますね。

また、なんと平野紫耀さんは、中学時代、女の子とは10回も会話していないんだとか⁉

シャイなヤンキーだったのでしょうか?

ただ、女子からは告白されることも多かったようです。

告白する女の子の友達から呼び出しされるこもあったそうですが、自分の口から伝えてほしいと思っていたそう。

男らしいですね!!

スポンサーリンク

平野紫耀のこども時代は母子家庭

平野紫耀さんは幼少期母子家庭で育ちました。

お父さんのことは覚えていないそうです。

お母さんが17歳の時に平野紫耀さんを出産したようで、感覚で言うとかなり早いですよね。

平野紫耀さん曰くお母さんは元ヤンなのだそう。

怒るとかなり怖かったようで時には掃除機で殴られることもあったのだとか。

そんな男気溢れるお母さんの教育方針は「勉強より礼儀!女の子を守れ!」だったそうです。

なんともファンキーなお母さんですよね!

ジャニーズに入所したキッカケは?

平野紫耀さんがジャニーズに入所したのは2012年2月のこと。

通っていたダンススクールの合宿があり、上京してレッスンを受けた平野紫耀さん。

そこで指導をしていた先生がジャニーズの振付をしていたボビー吉野さんだったのだとか。

それが縁でジャニー喜多川さんともお会いし、「YOU コンサートあるから来ちゃいなよ」と言われ入所したのだとか。

なんとも破天荒なエピソードですよね。

入所を決めた背景にはやはりお母さんの存在があったのかも知れません。

早く自立してお母さんを楽にさせてあげたいと思ったのかも。。

ハートフルストーリーですね。

スポンサーリンク

平野紫耀のこども時代の貧乏エピソード

当時弟もいたため、母親一人で2人の子供を育てていくのはかなり大変ですよね。

幼少期には「クリスマスプレゼントはうまい棒」貧乏エピソードがあったようです。

小学校6年生の時、ネックレスが欲しいとサンタさんにお願いした平野紫耀さんですが、翌朝届いたのは図書カード。

さらに翌年の中学校1年生の時もネックレスが欲しいとお願いした平野紫耀さん。今度はうまい棒50本!

上手い棒が1本10円なので500円のプレゼントということになりますね。

やはり金銭的に厳しかったのではないでしょうか。

でも質より量!と言い切っているようなお母さんの行動はなんだか微笑ましいですよね。

お弁当の唐揚げはいつも手作りではなく冷凍ものだったそう。それがいつも「しなしなの唐揚げ」だったのだとか。

ご飯もなぜかべちょべちょで。。。

でも平野紫耀さんはそれが大好きだったそうです。

女手一つで子育てをするってかなり大変ですもんね。どっかでは手を抜かないと。

そんな気持ちを平野紫耀さんも察していたのかもしれませんね。

良い親子関係だと思います。

スポンサーリンク

まとめ

さて、今回はKing&Prince平野紫耀さんのこども時代について調べました。

調べてみると

  • こども時代はヤバイほどやんちゃだった!
  • 初恋と告白エピソードはほっこり!
  • 母子家庭でも温かい貧乏エピソードがあった!

ということが分かりました。

お母さんやおばあさんからの大きな愛情を受け大きく育った平野紫耀さん。

これからも益々の活躍が期待されます!!

【関連記事】

平野紫耀弟りくはヤバイ過去の持ち主!!ラッパーなの?社長なの?

平野紫耀と橋本環奈が付き合ってる熱愛証拠の数々!やっぱり!ファンはショック!

平野紫耀のダンスは上手いを超えてヤバいレベル!プロも大絶賛したテクニックとは!?