景品表示法に基づきアフィリエイト広告を利用しています。

ボックスシーツ はめんどくさい!簡単にできるストレスフリーな方法4選!

ボックスシーツ めんどくさい めんどくさい
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ボックスシーツめんどくさいですよね?

ボックスシーツめんどくさいけど今日こそは洗おう!と意を決してシーツを取り外そうとするけれど、これがなかなか手ごわいです。

今まで何回もしてきたのに全然慣れない、毎回めんどくさいと感じている。

そんなお悩みをお持ちの方へ。

すごく簡単な解決方法があるので是非ご紹介します!

スポンサーリンク

ボックスシーツはめんどくさい!

 ボックスシーツがめんどくさい原因は取り外しと洗いです。

  • 取り外しがめんどくさい
  • 洗うのがめんどくさい

それぞれご紹介します。

めんどくさいと言って布団カバーも洗わないと恐ろしいことになるので是非チェックしてください!

取り外しがめんどくさい

ボックスシーツ めんどくさい

マットレスを動かすのって重くて大変です。

だからシーツの取り外し、めんどくさくなりますよね。

シーツを洗いたいのですが、めんどくさくてつい諦めてしまうことがしょっちゅうです。

とくにベッドを壁に付けて置いている場合は尚更めんどくさいです。

ボックスシーツは取り外すときはマットレスを持ち上げたりずらしなくちゃいけなくて、この作業が重労働なので大変です。

マットレスを持ち上げたときに重さで爪が割れて、腰を痛めそうになりました。

重労働なボックスシーツの取り外し作業は1人分でも大変なのに、家族の人数分しなければいけないいので気力と体力を使います。

家族の人数が多いほど大変です。

そして、ボックスシーツを取り外す際はホコリが舞い上がらないように、ゆっくり外さなければいけません。

料理に洗濯に掃除にただでさえやることが多いのに、本当にめんどくさいと感じていました。

洗うのがめんどくさい

また、ボックスシーツって洗うとねじれてしまい、ねじれをほぐすのも一苦労です。

小物が入り込んでしまったまま生乾きで発見!なんて時々あります。

それを思うと洗うのが億劫になってしまいます。

そして洗った後のボックスシーツはどうやって干せば早く乾くのか?

今ひとつわかりません。

ボックスシーツは洗うのも干すのもめんどくさいですよね。

私もボックスシーツめんどくさいと感じることが多くかなり悩みました。

そこで、私が試して良かったボックスシーツめんどくさい問題の対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

ボックスシーツめんどくさい対処法

ボックスシーツめんどくさい

ボックスシーツめんどくさいときの対処法7選。

  • ボックスシーツをやめて敷きパッドを使う
  • 洗濯ネットに入れて洗濯する
  • ピンチハンガーを使って干す
  • 洋服ハンガーを使って干す
  • ベッドを壁から離す
  • フラットシーツに替える
  • 誰かに手伝ってもらう

それぞれ詳しくご紹介します。

ボックスシーツをやめて敷きパッドを使う

ボックスシーツはめんどうなので、この際きっぱりやめました!

敷きパッドは置くだけでボックスシーツめんどくさい問題から解放されます。

敷きパッドはゴムなしで滑り止めが付いているタイプは特におすすめ!

ゴムがあるとベットマットを持ち上げて挟まなきゃいけません。

ボックスシーツの悪夢がよみがえります。

したがって、敷きパッドはゴムなしで滑り止めが付いているタイプにしましょう!

この滑り止め付きの置くだけのベットパットで、もうベットマットを動かさなくて済むようになりました!

だって、置くだけですよ、置くだけ!

洗濯機の中でねじれたり小物を巻き込むことも全く無いです。

洗う時もサッと洗濯機に持って行くだけ!

私の母もこの方法でボックスシーツめんどくさい問題から解放されました。

高齢者がボックスシーツを交換するなんて無理ですよね

ベットパットはベットだけでなく敷布団にも使えます。

敷布団にシーツを広げて敷く面倒な手間もゼロで、来客用にも清潔ですぐに使えるのます。

洗った後にしまう時も四角に畳めるので、使う時もしわが無くて来客用にピッタリです!

シーツがしわくちゃって恥ずかしいから、敷きパットだとしわゼロですぐに使える!

ベットパットを使っていないすべての人に強力におススメしたいです!

それでもボックスシーツを買い替えるのは難しい人へ対処法を説明します。

洗濯ネットに入れて洗濯する

ボックスシーツを洗濯ネットに入れる際にシーツを蛇腹状に畳んでから入れます。

ボックスシーツは洗濯機の中で絡むので本当に面倒ですよね!

蛇腹状に畳むと生地が傷みにくく、からまないので干すときに楽です。

小物も巻き込まないので洗濯ネットが便利です。

洋服用の洗濯ネットに押し込むと汚れが落ちにくいので、ボックスシーツが入る大きいサイズを使いましょう。

ピンチハンガーを使って干す

ベランダが狭い場合はピンチハンガーがおすすめです。

ボックスシーツの干し方は、ゴムの部分を上にしてピンチで挟みます。

私もボックスシーツを使っていた頃はピンチハンガーを使って干していました。

風当たりが良く、場所を取らず乾くのが早かったのでおすすめです。

ハンガー1本で干していたときもありましたが生乾きで臭ってしまいました

洋服ハンガーを使って干す

洋服ハンガーを2本用意して、ボックスシーツのゴム部分の頭側と足側にそれぞれハンガーの肩にかけて干します。

ピンチハンガーより場所が必要ですが楽に干すことができます。

ベッドを壁から離す

ベッドが壁に付いている場合は、壁から少し離して配置しましょう。

ボックスシーツは取り付けと取り外しが超めんどうですが、壁から離すことで格段に楽になります。

ベットを壁から離す余地が無い場合は、マットを力でずらせばマットだけ壁から離せます。

少しでも空間があると取り外しがやりやすくなります!

フラットシーツに替える

フラットシーツはボックスシーツより楽に取り外せます。

フラットシーツならマットレスを持ち上げることもないので体力を奪いません。

お手入れも楽ですし畳むのも簡単ですが、寝ているとすぐにずれるので気になる人は気になって毎日直す手間がめんどうです。

誰かに手伝ってもらう

私は夫に手伝ってもらうことがありました。

2人で取り組めば、めんどうなボックスシーツの着脱もとても楽になります。

手伝ってもらえそうな人がいたら積極的にお願いしましょう。

明るい声で「お願いしまーす」と言うとだいたい大丈夫なのでぜひ試してみてください。

ベットのマットレスをやめる

思い切った方法ですが、ボックスシーツを使わずに済む方法として、ベットからマットレスを外します。

そして、ベットに敷布団用のマットレスと敷布団を敷くことです。

そして、敷布団用のシーツを使います。

これでボックスシーツから解放されます。

祖母はベットマットが嫌いで、ベットは畳のマットでその上に敷布団用のマットレスと敷布団を敷いて使っていました。

ベットだからベットマットを使わなければいけないなんて思い込みでした。

ボックスちーつはめんどくさいので対処法を色々試してご紹介しましたが、結局最強でしかも簡単な解決方法はコレでした!

スポンサーリンク

ボックスシーツめんどくさい最も簡単な解決策は

ボックスシーツにとらわれず、この際敷きパッドに替えてしまえばストレスから解消されます!

ボックスシーツがめんどくさい理由は

  • 取り外しがめんどくさい
  • 洗うのがめんどくさい
  • 畳むのが綺麗に出来なくてめんどくさい

でした。

ボックスシーツがめんどくさい人にすぐに出来る最強の解決策は

ボックスシーツからさようならしましょう

ベッド=ボックスシーツの必要はありませんよね。

わが家は全て滑り止め付きの敷きパッドに替えたので、置くだけなのでラクラク洗濯できるようになりました。

もっと早く替えればよかったと思ったほどです!

滑り止め付き敷きパッドのメリット

とにかく目から鱗と思えるほどラクチンです。

  • 洗濯が楽
  • 畳むのが楽
  • 脱着が超ラクチン置くだけ

形が整っているのでボックスシーツの様に選択して絡まることはありません。

干すのもすっきりと干せるので、きちんと干したい人は満足するでしょう。

ボックスシーツはきちんと干せない

ボックスシーツは干すときもたたむのもきちんとできなくてこちらもストレスですよね。

敷きパットは四角い形なのでバスタオルの様にきちんと干したり畳むことができます。

脱着も置くだけタイプはまさしく置くだけです!

滑り止めも付いているので多少の寝返りではズレません。

わが家の子供たちは寝相がすごいので、ゴムが付いているタイプにして絶対ズレないようにして安心です。

ゴムはひっかけるだけなので簡単ですよ!

最近は脱着が楽な伸びるボックスシーツも発売されています。

しかし、形は全く変わっていないので洗濯と畳む悩みはそのまま解消されていませんよね!

やはり敷きパット一択でしょう!

敷きパッドのデメリット

敷きパットのデメリットを考えましたが、たった一つだけでした!

それは、シーツよりも多少厚みがあるので、シーツより乾きにくいことです。

乾きにくいのは洗濯に天気の良い日を選ぶか、乾燥機にかければ解決します!

ボックスシーツのストレスを思うと全く問題ないことだと思います。

わが家では客用の敷布団のシーツも敷きパットに替えてしまいました。

敷きパットは来客でもシワが無くすぐに付けられるので、清潔に保ててすごくおすすめです。

シーツはしまっておくとシワになりますが、敷きパッドはシワ知らずでサッと出してすぐに使えて超便利です!

スポンサーリンク

まとめ

ボックスシーツがめんどくさい場合の解決方法は複数ありました。

  • 洗濯ネットに蛇腹状に入れる
  • 早く乾くようにハンガーを使って干す
  • 脱着は誰かに手伝ってもらう
  • 敷きパッドに交換する

すぐに解決できて最も簡単な方法は、ボックスシーツはやめて敷きパッドに替えてしまうことです。

ボックスシーツで感じていためんどくさいストレスから解放されて、時間と労力も減らせてとても楽になります!

コメント